日産「GT-R」の2020年 年賀はがき

日産「GT-R」と「フェアレディZ」の年賀状セットが発売開始

  • 最終更新:

日産「GT-R」と「フェアレディZ」の歴代モデルを描いた名車コレクション年賀状の申込受付が、郵便局の総合印刷サービスサイトで始まった。印刷済み年賀はがき16枚(8絵柄各2枚)セットで、価格は4,768円(年賀はがき代・印刷代・送料・税込)。2020年1月10日(金)18:00まで発売される。

「GT-R」のルーツは、純粋なレーシングカーからのフィードバックによって開発された高性能エンジンを、3代目スカイライン(C10型)に搭載し、1969年2月に発売開始となった「スカイライン2000GT-R(PGC10型)」。”R”の名が示す通り、ツーリングカーレースでの必勝を期して誕生したクルマであった。その後、KPGC110型、BNR32型、BCNR33型、BNR34型と進化し、現在、NISSAN GT-Rとして最新のR35型が世界中のレースシーンで活躍している。

日産「GT-R」の2020年 年賀はがき

日産「フェアレディZ」の2020年 年賀はがき

「フェアレディZ」は、従来のダットサン・フェアレディシリーズの後継として1969年10月に初代S30型が登場。本格スポーツカーとして、それまでにないバリュー・フォー・マネーを実現したことで、北米市場を中心に大ヒットとなった。以降、S130型、Z31型、Z32型、Z33型、最新のZ34型と代を重ね、高い基本性能を活かしてモータースポーツで活躍する他、ドラマへの登場やパトカーとして活用されるなど、様々な場面において話題を作ってきた。

この度発売されるコレクション年賀状は、いろいろな絵柄が楽しめる複数絵柄アソートセット年賀状で、名車コレクション年賀状としてウェブで限定発売される。