ボクシング世界チャンピオン、クリス・ユーバンク・ジュニアが所有するマクラーレン720S、2019グッドウッドフェスティバルオブスピードにてcopyright The Goodwood Estate Company Limited

グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード、新型コロナの影響で延期が決定

  • Published:

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行を受け、2020年のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード及び、今週末に予定されていた第78回メンバーズミーティングの延期が決定した。

例年20万人以上の観客動員を誇る世界屈指のモータースポーツイベントは、新旧の参加マシンが出走するヒルクライム競技のほか、旧車から最新型F1マシンに至るまでの幅広いクルマの展示やデモ走行が目玉で、今年は7月9日(木)~12日(日)に開催される予定であった。

フェスティバルを主催する第11代リッチモンド公爵は3月26日(木)に声明を発表し「ここ数週間の情勢および、英国政府からのアドバイスを受け、フェスティバルの開催を年内に延期することを決定した」と述べた。代替開催日は未定だが「夏の終わりから秋の初めに開催される公算が高い」としている。

グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードを走行するフォルクスワーゲンID. R
グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードを走行するフォルクスワーゲンID. R

先日24日(火)には、イギリスのモータースポーツ連盟「Motorsport UK」が6月末までの全イベントの認可を取り消し中止すると発表していた。英国では26日現在、述べ9,529名の新型肺炎確定症例と465名の死者が確認されている。

なお9月11日~13日の開催が予定されているクラシックカーによるレースイベント「グッドウッド・リヴァイヴァル」については現時点で計画に変更はなく、予定通りのスケジュールで開催される見通しだ。