トヨタ・ハイラックスとフェルナンド・アロンソcopyright TOYOTA MOTOR CORPORATION

フェルナンド・アロンソ、サウジアラビア国内ラリーに参戦…ダカールに向けて最終調整

  • 最終更新:

フェルナンド・アロンソが、11月5日(火)から9日(土)にかけてサウジアラビアで開催される、2019年アル・ウラ・ネオム・クロスカントリーラリーに参戦する事が明らかとなった。2度のF1ワールドチャンピオンは、ダカールラリー2020に向けて最終調整に入る。

サウジ・トヨタ・デザートラリー選手権の第3戦として開催される本イベントは、砂漠を2周するコースと、アカバ湾と紅海に挟まれた沿岸都市ネオム周辺コースで構成され、合計765km以上にも達する計5つのステージで競い合う。

ダカールラリー2020は、サウジアラビアが舞台。グリン・ホール代表が「地形やナビゲーションはダカールラリー2020に近いと想定される。今回得られる経験は非常に重要だ」と語るように、フェルナンド・アロンソとコ・ドライバーのマルク・コマは、地域こそ異なるものの路面状況が似通った今回のイベントで、1月の本番に向けてトヨタ・ハイラックスで最終準備に取り組む事になる。

F1現役時代に世界各地を転戦してきたフェルナンド・アロンソだが、サウジアラビアを訪れるのは今回が初めて。「全く未知の経験だけど本当に楽しみ。実際にダカールラリーで使用する車両でシェイクダウンを終え、全てが順調だと確認できた。100%、完璧に準備を整える事が重要だと思ってる」と語った。