2019年のF1ピレリタイヤcopyright Pirelli & C. S.p.A.

F1、2019年スペックタイヤの継続使用が正式決定…2020年仕様はお蔵入り

  • Published: Updated:

最終アブダビGP後に行われたプロトタイプタイヤのテストを経て、F1世界選手権に参戦する10チームによる投票が行われ、来季2020年シーズンも2019年スペックタイヤを継続使用する事が満場一致で可決された。

チームはF1アメリカGP初日プラクティス及び、シーズン閉幕後にヤス・マリーナ・サーキットで行われた公式テストにおいて、2020年仕様のタイヤをテストしたものの、ドライバーからの評価は概ね否定的だった。

ピレリは最後のテストを終えて、各チームの評価は”様々だった”とし、仮にグリッドの大部分が望むのであれば、開発を進めてきた新しい仕様ではなく、来年も現在のコンパウンドで継続使用したいとの意向を示していた。

FIA国際自動車連盟は10日(火)、FIAテクニカルレギュレーション第12条6項1の定めに従い投票が行われた結果、10チーム全てが現行コンパウンドを維持する事に賛成票を投じたと発表した。

「FIAは、ピレリと全てのチームに対して、2020年シーズン及びそれ以降のタイヤを改良するために払ってくれた努力と協力に感謝したい。いずれにしても、得られた教訓は、将来のタイヤ開発に大いに役立つだろう」

この決定により、今季とは異なるプロファイルへの対応が不要となるため、チームは2020年に向けて現行マシンのアップグレードに力を注ぐ事が可能となる。チーム間序列の変動も最小限に留まる事が予想される。

ピレリは来シーズンの一年間を通して、2021年に導入が予定されている18インチタイヤのテストプログラムに取り組む。一連のテストは、フェラーリが担当する2月のヘレスでスタートする。