夜のバーレーン・インターナショナル・サーキットとスクーデリア・フェラーリSF1000、2020年F1バーレーンGP予選copyright Ferrari S.p.A.

F1、2021年カレンダー改定を正式発表…バーレーンが開幕とテスト開催地を担当

  • Published: Updated:

F1は1月12日(火)、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックの影響を受けて2021年シーズンのカレンダーを改定した。当初の計画通り、史上最多となる23戦を維持する方針だ。

開幕を担う予定であったアルバート・パーク・サーキットでのオーストラリアは11月21日に延期され、代わりに3月28日のバーレーンGPがシーズンの開始を告げる。

渡航制限の影響で上海インターナショナル・サーキットでの中国GPは無期延期となり、代替として昨季に続きイモラ・サーキットがカレンダーに復活した。中国の現地プロモーター並びに当局との協議は現在も進められており、シーズン後半にリスケジュールされる可能性が残されている。

ハノイ市人民委員会のグエン・ドゥック・チュン主席が汚職事件で逮捕された事で交渉が立ち行かなくなり、突如カレンダーから脱落したベトナムGPの枠は未だ埋まっておらず、F1と国際自動車連盟(FIA)は後日改めて発表するとしている。

更新された2021年F1カレンダーは以下の通り。なおイモラとオーストラリア、サウジアラビアの3つのイベントに関しては別途世界モータースポーツ評議会(WMSC)の承認が必要となる。

なおプレシーズンテストは例年のカタロニア・サーキットではなく、開幕戦が行われるバーレーン・インターナショナル・サーキットで3月12日〜14日の3日間に渡って行われる。

日時 レース 会場
3月28日 バーレーンGP バーレーン・インターナショナル・サーキット
4月18日 未定 イモラ・サーキット
5月2日 TBC TBC
5月9日 スペインGP カタロニア・サーキット
5月23日 モナコGP モンテカルロ市街地コース
6月6日 アゼルバイジャンGP バクー市街地コース
6月13日 カナダGP ジル・ビルヌーブ・サーキット
6月27日 フランスGP ポール・リカール・サーキット
7月4日 オーストリアGP レッドブル・リンク
7月18日 イギリスGP シルバーストーン・サーキット
8月1日 ハンガリーGP ハンガロリンク
8月29日 ベルギーGP スパ・フランコルシャン
9月5日 オランダGP ザントフォールト・サーキット
9月12日 イタリアGP モンツァ・サーキット
9月26日 ロシアGP ソチ・オートドローム
10月3日 シンガポールGP マリーナベイ市街地コース
10月10日 日本GP 鈴鹿サーキット
10月24日 アメリカGP COTA
10月31日 メキシコ・シティGP エルマノス・ロドリゲス・サーキット
11月7日 ブラジルGP インテルラゴス・サーキット
11月21日 オーストラリアGP アルバート・パーク・サーキット
12月5日 サウジアラビアGP ジェッダ
12月12日 アブダビGP ヤス・マリーナ・サーキット