ヤス・マリーナ・サーキットをルノーR.S.20で走るフェルナンド・アロンソ、2020年F1アブダビテストcopyright RENAULT SPORT

フェルナンド・アロンソ、ルノーの予選上回るタイム…復帰に向けて順調な仕上がり「競争心に火がついた」F1アブダビテスト

  • Published: Updated:

ルノーF1チームは2020年12月15日(火)にヤス・マリーナ・サーキットで開催されたF1アブダビテストに2台のR.S.20を持ち込み、フェルナンド・アロンソと周冠宇にステアリングを握らせた。

来季復帰に向けて精力的に準備を重ねる2度のF1ワールドチャンピオンは、C5コンパウンドを履いて1分36秒333の全体ベストを記録。順調な仕上がりを感じさせた。

コンディションが異なるため単純比較は出来ないが、これは先日のアブダビGP予選でレギュラードライバーのエステバン・オコンとダニエル・リカルドが残したベストタイムより速いラップタイムだった。

晴天かつ温暖なコンディションの下で行われたこの日のテストは、1時間の昼休みを挟んで現地午前9時から午後6時までセッションが行われた。

この日のルノーのプログラムは、燃料を軽くした状態での予選シミュレーションと、多くの燃料を積んだ状態でのロングランを通して、ドライバー達に現行型F1マシンを慣れさせる事にあった。

2021年のF1復帰に向けてアロンソはトータル105周を走破。周冠宇は午前の走行中にターン19でスピンを喫してプログラムの一部に遅れが生じたが、その後は挽回して1日を通して98周を走りきった。

なおアロンソと周冠宇は2週間前にヤス・マリーナ・サーキットで2年落ちのR.S.18をデモタイヤで走行しているが、この日の走行ではピレリのC4とC5コンパウンドを履いている。

ヤス・マリーナ・サーキットをルノーR.S.20で走るフェルナンド・アロンソ、2020年F1アブダビテスト
© RENAULT SPORT

待ちに待った最新型マシンでの走行を終えたアロンソは「またクルマをドライブできて本当に良かった。特に今回はレースチームと一緒だったからね」と語った。

「準備のために先日は2018年型マシンをドライブしたわけだけど、今回の方がより実戦的だし、競争心に少し火がついたよ」

「現行マシンの感触を確かめられて本当に気分が良かった。それに、このマシンで何ができるのかを経験できた事も大きかった」

「(アブダビGPの)週末にはチームの様子を近くで見学したわけだけど、今回は実際にマシンに乗り込んで様々な事を学ぶことができた」

「今の時点でシート合わせやペダルの位置合わせといった基本的な準備の殆どはファクトリーで済ませてあるんだけど、来年のウインターテストは1日半しかないから、時間を最大限に有効活用することが役に立つはずだ」

「今日計画していたタスクは終える事ができたし、チーム全体がやる気に満ちているし、良い気分でクリスマスと新年を迎えられそうだ」

周冠宇はアロンソから1.569秒落ちの9番手タイムでクルマを降りる事となったが「今日はラップタイムを追求していたわけじゃなく、大量に走り込む事が一番の目的だった」と述べ「かなり真っ当な1日だった」と締め括った。

周冠宇、2020年F1アブダビテストにて
© RENAULT SPORT

F1アブダビGP特集