ダニエル・リカルドのチームへの貢献を讃えハグするクリスチャン・ホーナー 2018年11月30日copyright Getty Images / Red Bull Content Pool

ありがとうダニエル・リカルド…レッドブル開発拠点ミルトンキーンズと最後のお別れ

  • 最終更新:

ダニエル・リカルドは11月30日、レッドブル・レーシングの開発拠点である英ミルトンキーンズのファクトリーを訪れ、メンバーに最後の別れを告げた。29歳のオージーは今季限りでレッドブルとの10年に渡る関係に終止符を打ち、来シーズンはルノー・スポールに移籍する。

F1カレンダーはヨーロッパからアジア、そしてアメリカ大陸へと世界中を転戦するため、意外にもドライバーがファクトリーを訪れる機会はあまり多くない。リカルドにとってはこの日がファクトリーの同僚たちに別れを言う最後のチャンスとなった。

ミルトンキーンズのファクトリーでBMXを乗り回すレッドブル・レーシングのダニエル・リカルドとマックス・フェルスタッペン 2018年11月30日

マックス・フェルスタッペンと共にファクトリーに到着したリカルドは、BMXを乗り回して工場内部を滑走した後、従業員たちのために2時間近くにも渡ってサインを書き続けた。チームメンバー達はサインを貰うためにマグカップや写真、ミニヘルメットなどを持ち寄り、長蛇の列を作った。

チーム開発スタッフのためにサインをするダニエル・リカルドとマックス・フェルスタッペン、英国ミルトンキーンズ 2018年11月30日

レース報告会の後には、クリスチャン・ホーナー代表とフェルスタッペンがリカルドとの思い出を振り返った。フェルスタッペンは、リカルドは素晴らしいチームメイトであり、レースウィークで一貫したパフォーマンスを示すことの重要性や、オーバーテイクの手法など、多くのことを教わったと明かした。

KTM 350 SXFをプレゼントされ笑顔のダニエル・リカルド

チームはリカルドとの思い出をまとめた映像を用意。上映会が行われた。またモトクロス好きのリカルドを喜ばせようと、トライアルライダーのドギー・ランプキンを招き、リカルドのためにカーナンバー「3」がプリントされたKTM 350 SXFをプレゼントした。

リカルドは2014年にトロロッソからレッドブル・レーシングへと移籍。優勝7回、ポールポジション3回、表彰台29回を獲得した。