マックス・フェルスタッペンのタイヤ交換作業を行うレッドブル・ホンダ、2019年F1ブラジルGPcopyright Getty Images / Red Bull Content Pool

また世界記録更新…レッドブル・ホンダ、F1史上最速 脅威の1.82秒でピットストップ

  • 最終更新:

インテルラゴス・サーキットで開催された2019年のF1ブラジルGPで、レッドブル・ホンダがまたもピットストップ作業の新記録を打ち立てた。ミルトンキーンズのチームは、今年のドイツGPで1.88秒のレコードを記録しており、自らが保持する記録を更に100分の6秒縮める1.82秒をマークした。

F1では「DHL最速ピットストップ賞」と銘打って、年間を通してピットストップ時間のランキングを集計し、チーム別の選手権を開催。レッドブル・ホンダは、今季これまでに記録されたピットストップ作業時間の上位5つを独占し、他の追随を許さない速さを示している。

ブラジルGP決勝21周目、ルイス・ハミルトンのアンダーカット妨害のためにピットへと入ったマックス・フェルスタッペン。クルー達は僅か1.82秒という静止時間内に、4輪全てのソフトタイヤを取り外し、これを新品ソフトへと付け替えた。フェルスタッペンはこのレースで今シーズン3勝目を達成した。

ブラジルを終えて、レッドブル・ホンダはピットストップ・アワードにおいて、2位ウィリアムズに対するリードを52点にまで広げており、最終アブダビGPを待たずして、2019年シーズンのDHL最速ピットストップ賞を手中に収める事となった。

ランキング ブラジルGP終了時点

順位 チーム ポイント
1 レッドブル・ホンダ 479
2 ウィリアムズ 427
3 フェラーリ 305
4 メルセデス 255
5 マクラーレン 202
6 トロロッソ・ホンダ 117
7 ルノー 104
8 アルファロメオ 49
9 ハース 47
10 レーシングポイント 35

F1ブラジルGP特集