髭を蓄えるセバスチャン・ベッテルcopyright ferrari.com

セバスチャン・ベッテル「ライバル勢はレースシミュレーションが不十分」F1オーストラリアGP Preview 2018

  • 最終更新:

2018年F1開幕戦オーストラリアGPに向けて、スクーデリア・フェラーリのセバスチャン・ベッテルが抱負を語った。フェラーリはベッテルとキミ・ライコネンのラインナップを維持し、宿敵メルセデスの打倒に挑む。

プレシーズンテストでは、直接のライバルと目されるメルセデスとレッドブルがレースシミュレーションに多くの時間を割き、それぞれ印象的なペースを示した。メルセデスは頭一つ抜けた速さを示し、レッドブルはフェラーリに匹敵するペースを刻んでいた。

だが、ベッテルは両者のレースシミュレーションは不十分と指摘し、SF71Hへの自信をみせる。

ライバル勢はレースシミュレーションが不十分

セバスチャン・ベッテル

SF71Hのペースは良いし、改善に向けての良いベースを備えていると思う。マシンのポテンシャルを引き出し、マシンの開発を続けていかなきゃね。チームには本当に満足してるよ。マラネロの皆がどれほどのスキルを持ち、どれだけ全力を尽くしているかを知っているからね。

マイレージという観点では、僕らはテストで良い仕事をしたと思う。トータルで4,323kmも走ったんだからね。僕個人としても一日に188周、距離にして875kmを走りパーソナルベストを記録したんだから。8日間の合計だとほぼ3,000kmだよ!マシンに大きなトラブルはなかったし、ドライブするのが楽しかった。

メルセデスとレッドブルがライバルになると思うけど、彼らはレースシミュレーションで1種類のタイヤしか使ってないよね。でも実際のレースは最低2種類使わなきゃならない。複数タイヤの使用義務は、レース戦略とリザルトに大きく影響する。

タイヤにブリスターが出るのは極々普通のことだよ。テストが数日経過した時点で、全てのチームがタイヤを最適化しようとトライしていた。フェラーリとしては、ピレリはコンパウンドの選択において良い仕事をしたと考えてる。

オーストラリアが待ちきれないよ。一旦コース上に出てしまえば、僕ら全員が同じコンディションで走りレースをすることになる。さっきも言ったけど、マシンには自信あるよ。

F1オーストラリアGP特集