芝生の上を走行するセバスチャン・ベッテル、F1オーストラリアGPにて

動画:2019年F1オーストラリアGP《初日》ハイライト / 芝刈りをするF1マシン達

  • 最終更新:

フォーミュラ1公式Youtubeアカウントが、2019年シーズンの幕開けを告げるオーストラリアGP初日のセッションの模様を収めたハイライト動画を公開した。3月15日金曜のアルバート・パーク・サーキットでは、1回目のフリー走行と2回目のフリー走行の2セッションが行われた。

一発目のセッションでは、ビッグ3の4台のマシンがトップ4を巡ってコンマ2秒以内の僅差の接戦を演じた。普段は使用されていないコースということで、滑りやすい路面が牙をむき、バルテリ・ボッタスやロバート・クビサら何台かのマシンがコース上に飛び出すシーンも見られた。中でもトロロッソホンダのアレックス・アルボンは、ターン2の出口でスピンを喫しマシンを破損。今シーズン初の赤旗が振られた。

コース外に飛び出したメルセデスのバルテリ・ボッタス、F1オーストラリアGPにて

風の影響もあり、日が傾き始めた現地午後16時からのFP2でもコース外で”芝刈り”をするマシンが多発。アルファロメオのキミ・ライコネンとアントニオ・ジョビナッツィ、レーシングポイントのランス・ストロール、4度のF1ワールドチャンピオンでさえもが、ラインを外れてコースオフを喫した。

芝生の上を走行するセバスチャン・ベッテル、F1オーストラリアGPにて

F1オーストラリアGP特集