世界限定10台生産のハイパーカー「アポロIE(Apollo IE)」

世界限定10台のハイパーカー「アポロIE」が日本初上陸、”生々しい情熱”が鈴鹿サーキットに鳴り響く

  • 最終更新:

2018年11月17日(土)と18日(日)にホンダのお膝元、三重県鈴鹿サーキットで開催される「RICHARD MILLE SUZUKA Sound of ENGINE 2018」で、世界限定10台のハイパーカー「アポロIE」がプロモーションラップを実施する事が明らかとなった。

アポロ・アウトモビーリ社の「アポロIE(Apollo IE)」

アポロ・アウトモビーリ社の「アポロIE(Apollo IE)」が日本に上陸するのは今回が初。同車は香港の著名カーフリークとして知られるノーマン・チョイが主宰するアポロ・アウトモビーリが2018年に発表したハイパーカーで、最高出力780馬力(レヴリミット9000rpm)を誇る。

搭載される自然吸気6.3リットルV12気筒エンジンは”究極の快音を発する”とされ、軽量カーボンモノコック・シャシーの重量はわずかに1250kg。0-100km/h加速は2.7秒、最高速は333km/hと、まさに文字通りのモンスターマシンだ。

エコ化の流れに逆らうかのように、ターボでもハイブリッドでもなく自然吸気の大排気量ユニットにこだわった辺りはオールドスクール志向にも映るが左に非ず。「単に数値的な速さだけを追い求めるのではなく、あくまでも乗り手を心の奥底から興奮させる真の刺激を表現したかった」というノーマンの言葉にもある通り、他にはない情熱的な刺激の実現こそが「IE=Intensa Emozione」と名付けれたハイパーカーが目指した真の高みだ。

今後はメルセデスCLK-GTR(GT1カテゴリー)の製作でも知られるドイツのHWA AGが技術開発パートナーとなることが発表されているアポロ・アウトモビーリ。デジタルな数値至上主義が横行する現代のハイパーカー・リーグにあって、 どこまでも生々しい刺激を標榜する同社の存在感は、その過激なアピアランスも手伝って早くも世の中の多くの情熱的なマニアたちを魅了し始めている。