アルファタウリ・ホンダAT01のフロントノーズcopyright Getty Images / Red Bull Content Pool

アルファタウリ・ホンダ 2020年型F1マシン「AT01」技術諸元とスペック

  • Published: / Updated:

アルファタウリ・ホンダが2020年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1マシン「AT01」の技術諸元が発表された。

ファエンツァのチームは、エアロダイナミクスの自由度を最大限に高めるべく、PUのパッケージング、サスペンション、電子システムといった優先領域を中心に開発を進め、これらすべてを統合することでクルマを次のレベルに引き上げることを試みた。チームによると、アルファタウリ初のF1マシン「AT01」は、トロロッソの昨季型「STR14」から大きく進化を遂げたという。

シャシーは、クルマ全体を支える中核部であり、その中でも、ドライバーを守る最後の砦となるサバイバルセルが心臓部と言える。シャシーをベースとしてパワーユニット、トランスミッション、サスペンション、ボディワーク、ウィング、フロアといった他の主要パーツが取り付けられる。

設計と製造は全て社内でまかなう。リアエンド、インボード・フロントサスペンション、そしてアップライトは、レッドブルの2019年型F1マシン「RB15」が使用していたものを流用する。サスペンションメンバーと関連ブラケットは、スクーデリア・アルファタウリが設計・製造する。プレシーズンテストを終えた後にホモロゲーションを取得する。

PUに関するテクニカルレギュレーションは昨年と比較してほとんど変わっておらず、ホンダ製F1パワーユニットを搭載するのも3年連続と、競争力向上のために必要な一貫性を確保する。パワーユニットはターボチャージャー付きの1.6リッターV6エンジンに、追加の馬力を発生させる2つの電気エネルギー回収システムを組み合わせる。MGU-Kはブレーキから運動エネルギーを回収し、MGU-Hは排気ガスからエネルギーを得る。

「AT01」技術諸元・スペック

「SAT」はスクーデリア・アルファタウリ、RBTはレッドブル・テクノロジーの略とする。

型式 AT01
モノコック SAT製C/Cコンポジット材モノコック
エンジン ホンダRA620H
エキゾースト ホンダ製
ギアボックス RBT製C/Cコンポジット材縦置きメインケース 油圧8速
ドライバーシート SAT製カーボン成形シート
フロントサスペンション SAT製:C/Cコンポジット材プッシュロッド式ダブルウィッシュボーン&アップライト
RBT製:トーションバー及びダンパーはインボードマウント
リアサスペンション RBT製:C/Cコンポジット材プルロッド式ダブルウィッシュボーン、トーションバー及びダンパーはインボードマウント
タイヤ ピレリ P Zero
ブレーキ 前後ダクトはSAT製
システム全般はSAT及びRBT製
ステアリング SAT及びRBT製:パワーアシスト
ディファレンシャル 油圧式マルチプレート
クラッチ 油圧式カーボン材マルチプレート
燃料システム SAT及びRBT製
全幅 非公表
全高 非公表
全高 非公表
フロントトレッド 非公表
リアトレッド 非公表
重量 746 kg(燃料除、ドライバー含)