F1アブダビGP決勝レースでウィリアムズとトロロッソ・ホンダを抑えて走るマクラーレンのストフェル・バンドーンcopyright Mclaren

バンドーン、観る者を熱くする見事な走りを披露「楽しかったし全てを出し切った」F1アブダビGP《決勝》2018

  • 最終更新:

25日(日)に行われたF1第21戦アブダビGP決勝を終えて、マクラーレンF1チームのストフェル・バンドーンがレース内容とシーズン全体、そして来季への想いを語った。バンドーンは18番グリッドからスタートし、12位でチェッカーを受けた。

今回がF1ラストランのバンドーンはレース中盤、フォース・インディアのエステバン・オコンとハースのロマン・グロージャンと共に3ワイドの激しいバトルを展開。MCL33は明らかに他の2台よりもパフォーマンスが劣るものの、激しいドライビングでポジションを死守。見るものを熱くする見事なレースを繰り広げた。

バンドーンは今年、12ポイントを獲得しドライバーズランキング16位。来年はフォーミュラEへの参戦が決定しており、今シーズンを以てマクラーレン・ホンダで始まったF1キャリアに別れを告げる。

楽しかったし全てを出し切った

ストフェル・バンドーン決勝: 14位, グリッド: 18位

シーズンの最後をノーポイントで終える事になったけど、それでも本当に良いレースだったし楽しかった。大混乱でもない限りは厳しいレースになるのは分かってたしね。懸命に戦い何台かのマシンと接近戦が出来たから、それが一番楽しかったんだ。後ろのマシンを抑えるために必死だったよ!

手持ちのリソースでやれるだけの事をやれたから満足してるんだ。今日は全力を尽くしたし、チェッカーフラッグを受けてシーズンを終える事が出来て嬉しいよ。ポイントが獲得できるほどの速さはなかったけど、それは今日に限った事じゃなくずっとそうだった。

持てる全てを出し切ったし、レース展開にも満足してる。ちょっとしたお祝いの時間を楽しんで、それから新しいチャレンジに向かうよ。多分明日には新たな挑戦で頭がいっぱいになってると思う。楽しみだ。


55周で争われた決勝レースでは、ポールポジションのルイス・ハミルトン(Mercedes)が今季11勝目を上げた。2位はフェラーリのセバスチャン・ベッテル。3位表彰台にはレッドブルのマックス・フェルスタッペンが滑り込んだ。

F1アブダビGP特集