ル・マン24時間、6月13~14日にバーチャルレース開催…史上最大のeスポーツ耐久戦

  • Published:

第88回ル・マン24時間レースが新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で9月19日~20日へと延期された事に伴い、当初開催が予定されていた6月13日・14日に「ル・マン24時間レース・バーチャル」が開催される事が明らかにされた。

ゲームプラットフォームは、オンラインシミュレーター界の中でも特に物理演算に定評のあるrFactor2で、レースはフランス現地6月13日(土)15時、日本時間同日22時にスタートする。またエントリーリストは数週間以内に発表される。

グリッドの様子、rFactor2で開催されるル・マン24時間バーチャルのイメージ

rFactor2で開催されるル・マン24時間バーチャルのイメージ

フランス西部自動車クラブ(ACO)、国際自動車連盟(FIA)、FIA世界耐久選手権(WEC)、そしてモータースポーツ・ゲームズの4者主催という形で行われるこのシムレースでは、プロのレーシングドライバーとesportチャンピオンの組み合わせで構成されたチームが、リアルルマンと同じように24時間に渡って競い合う。まさに史上最大のeスポーツ耐久レースと言えよう。

ルールはシンプル。各チームは最大4名までのドライバーを起用できるが、この内少なくとも2名はプロドライバーである必要があり、シムレーサーは最大2名までに限定される。グリッドは最大50台。ドライバー交代は必須で、各ドライバーはレース中に最低4時間、最大7時間までステアリングを握ることが義務付けられる。

参戦マシンはLMP2とGTEで、各チームは独自のリバリーを作成する事が許される。レースコンディションは天候および時間変化がオンとなり、ダメージを受けたマシンはピットで修理可能。給油とタイヤ交換も許可されるため、戦略がレースの勝敗を大きく分ける可能性がある。またレースディレクターがスポーツマンシップの監査を行う。

グリッドの様子、rFactor2で開催されるル・マン24時間バーチャルのイメージ

rFactor2で開催されるル・マン24時間バーチャルのイメージ

レースの模様は各国でテレビ放映される。日本での扱いやオンライン上での配信などの詳細は現時点では明らかにされていない。放送に際してはパリのテレビスタジオが抑えられており、レースコメンテーターやピットリポーターが会場を通して生中継するほか、レース中にVIPゲストの登場も予定されている。

FIA WECのジェラール・ヌヴー最高経営責任者は「ル・マン24時間バーチャルイベントは、現実のイベントと同様に世界に名だたる自動車メーカーやレーシングチーム、ドライバー、そしてシミュレータードライバー達が一堂に会して競い合う事になる。誰もが心から楽しめるイベントになるだろう」と語った。

rFactor2で開催されるル・マン24時間バーチャルのイメージ

rFactor2で開催されるル・マン24時間バーチャルのイメージ

rFactor2で開催されるル・マン24時間バーチャルのイメージ

rFactor2で開催されるル・マン24時間バーチャルのイメージ