セッションに向けて準備をするアルファタウリ・ホンダの角田裕毅、2021年3月13日バーレーンテストにてCourtesy Of Red Bull Content Pool

F1テスト《2日目》午前速報:リカルドまたも最速、角田裕毅は5番手…メルセデスは悪しき流れ断ち切れず?

  • Published: Updated:

2021年F1公式プレシーズンテスト2日目午前のセッションが現地13日(土)10時から14時に渡ってバーレーン・インターナショナル・サーキットで行われ、マクラーレンMCL35Mを駆るダニエル・リカルドが1分32秒215の暫定トップタイムをマークした。

リカルドが午前の最速を刻むのは昨日に続き2度目。上顎に2枚のチタンプレートが埋め込まれたままのフェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)を0.124秒差で2番手に抑えたが、リカルドはC3、アロンソは一段硬めのC2での計測だった。3番手にはレッドブル・ホンダのセルジオ・ペレスが続いた。

続報:テスト2日目総合結果

アルピーヌA521をドライブするフェルナンド・アロンソ、2021年3月13日バーレーンテストCourtesy Of Alpine Racing

アルピーヌA521をドライブするフェルナンド・アロンソ、2021年3月13日バーレーンテスト

金曜にサクヒールを襲った砂嵐は収まり、晴天に恵まれた午前のオープニング・セッションは気温23℃、路面34℃でグリーンを迎え、14時には気温24℃、路面40℃に上昇した。

初日のメルセデスに続き、この日はアストンマーチンを信頼性トラブルが襲った。メルセデス製ギアボックスにトラブルが発生した事で、セバスチャン・ベッテルは殆どの時間をガレージで過ごす事となった。AMR21は初日も「些細な電気系統の問題」に足を引っ張られていた。

現時点でチームはギアボックス交換について言及していないが、初日のメルセデスはこれを交換するのに3時間を要した。恐らくは交換を終えたのだろう、チームはチェッカー直前にクルマをコースに送り出した。ベッテルは走行わずか8周でヘルメットを脱いだ。午後はランス・ストロールが作業を引き継ぐ。

アストンマーチンのセバスチャン・ベッテル、2021年3月12日バーレーンテストにてCourtesy Of Aston Martin Lagonda Limited

アストンマーチンのセバスチャン・ベッテル、2021年3月12日バーレーンテストにて

最多周回はアルファロメオのアントニオ・ジョビナッツィ。C41で73周の大量マイレージを稼いだ。

2回目の登板となったアルファタウリ・ホンダの角田裕毅は順調に周回を重ねて57周をマーク。トップから0.469秒落ちの5番手で午後のピエール・ガスリーにタスキを繋いだ。

風向きが変わったか、2時間が経過した頃からスピン祭りが到来。まずはフェラーリのカルロス・サインツがターン7で高速ハーフスピンを喫すると、これに続いてニコラス・ラティフィが制御を失った。

両者はタイヤを台無しにしてしまったが、走行時間を失ったわけではない。だが、メルセデスはそうではなかった。

ミディアムに履き替えたばかりのルイス・ハミルトンはターン13の出口でリアを失い、アウト側のグラベルにまで飛び出て身動き不能な状況に陥った。レースコントロールはこの日最初の赤旗を提示した。

View this post on Instagram

A post shared by FORMULA 1® (@f1)

クルマを降りたハミルトンはレースコントロール車両(トヨタ・スープラ)でガレージに戻り、再度コースに出るまで40分近くを失う事となった。

特にテストという場においてハミルトンがミスをする事は殆どなく、恐らくは突風の影響と見られるが、いずれにしても昨日のギアボックストラブルから続く悪しき流れを断ち切れず、理想的な状況でない事は間違いない。

なお残り5分となったところでFIAによるプロシージャーテストが行われた。この日は赤旗手順の確認で、無事に終わると各車スタート練習に取り組んだ。

午後のセッションは日本時間21時から4時間に渡って行われる。テストの模様は2ヶ月無料キャンペーンを実施中のDAZNが生配信する。

Pos Driver Team Time Gap Tyre Laps
1 ダニエル・リカルド マクラーレン・メルセデス 1:32.215 C3 52
2 フェルナンド・アロンソ アルピーヌ 1:32.339 0.124 C2 58
3 セルジオ・ペレス レッドブル・ホンダ 1:32.478 0.263 C2 39
4 ニコラス・ラティフィ ウィリアムズ・メルセデス 1:32.541 0.326 C5 47
5 角田裕毅 アルファタウリ・ホンダ 1:32.684 0.469 C4 57
6 カルロス・サインツ フェラーリ 1:33.072 0.857 C3 55
7 ニキータ・マゼピン ハース・フェラーリ 1:33.101 0.886 C4 73
8 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:33.399 1.184 C2 58
9 アントニオ・ジョビナッツィ アルファロメオ 1:36.519 4.304 C2 72
10 セバスチャン・ベッテル アストンマーチン 1:38.849 6.080 PROTO 7
ランス・ストロール アストンマーチン
ピエール・ガスリー アルファタウリ・ホンダ
シャルル・ルクレール フェラーリ
キミ・ライコネン アルファロメオ
ランド・ノリス マクラーレン・メルセデス
ミック・シューマッハ ハース・フェラーリ
バルテリ・ボッタス メルセデス