2018/2019WEC開幕スパ6時間レースを走るトヨタガズーレーシングcopyright TOYOTA

フェルナンド・アロンソ、WEC初陣で勝利!「最高のデビュー戦だった」トヨタ 開幕戦スパ6時間を1-2フィニッシュ

  • 最終更新:

2度のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソが、WEC世界耐久選手権デビュー戦を勝利で飾った。アロンソがレースで勝利したのは、フェラーリ在籍時の2013年F1スペインGP以来。

2018/2019年シーズンのWEC開幕スパ・フランコルシャン6時間レースが現地5月5日(土)に行われ、トヨタTS050 HYBRIDの8号車(フェルナンド・アロンソ/中嶋一貴/セバスチャン・ブエミ)が優勝を果たした。

8号車のスタートドライバーはセバスチャン・ブエミ。ポールポジションからスタートしレースを終始リード。131周目に2スティント目となるステアリングを握ったフェルナンドがトップチェッカーを受けた。

「良いデビューだったのは間違いないね」とアロンソ。「これ以上ない最高の形でのWECの初陣だった。チームが素晴らしい仕事をしてくれたおかげで、予選でも決勝でも1-2だったんだからね。一貴とセバスチャンのおかげで、僕の方は少し楽にドライブ出来たよ」

2位は小林可夢偉/マイク・コンウェイ/ホセ・マリア・ロペスの7号車。予選トップタイムながらも、燃料流量計の違反のためにタイム抹消並びに1周遅れでのピットスタートを強いられたが、レース開始2時間経たずして同一周回に復帰した。

残り半分というところでレベリオン勢をオーバーテイクし、最後は8号車から1.444秒遅れでフィニッシュ。トヨタがスーパーシーズンの開幕で圧倒的な速さを見せつけ、1-2フィニッシュを飾る結果となった。

トヨタに続いたのはレベリオン・レーシング。ニール・ジャニ/アンドレ・ロッテラー/ブルーノ・セナの1号車レベリオンR13・AERが2ラップ遅れでチェッカーを受け3位表彰台を獲得した。

動画:WEC開幕スパ6時間決勝

WEC第1戦スパ6時間決勝レース LMP1順位結果

Pos Team Driver Gap
1 トヨタ F.アロンソ
S.ブエミ
中嶋一貴
2 トヨタ M.コンウェイ
小林可夢偉
M.ロペス
1.444秒
3 レベリオン N.ジャニ

A.ロッテラー

B.セナ
2Laps
4 レベリオン M.ベッシェ

T.ローラン

G.メネゼス
2Laps
5 バイコレス O.ウェッブ

T.ディルマン

D.クライハマー
5Laps
6 SMPレーシング M.アレシン

V.ペトロフ
5Laps
32 SMPレーシング S.サラザン

E.オルドツェフ

M.イサキャン
32Laps