Uberの自動運転システムを組み込んで完全な自動運転を可能にするボルボXC90copyright Volvo Car Corporation

ボルボ、Uberの自動運転システムを組み込んだ完全自動運転ベース車としてのXC90を発表

  • 最終更新:

ボルボ・カーズと配車サービスのUberはスウェーデン現地6月12日、戦略的な提携の次のステップとして、共同開発による自動運転のための生産車を発表した。両者は2016年に、今後数年以内に数万台規模の自動運転対応のベース車両を供給するための商業協定の一部として共同技術開発契約を締結している。

発表されたのはUberの自動運転システムを組み込んだ完全自動運転車としてのボルボXC90。将来的にはUberネットワークで自動運転車による自動配車サービスを提供する事を目指している。

自動運転のための生産車の最も重要な特徴として、ボルボXC90には、ステアリングおよびブレーキ機能における複数のバックアップ・システムとバッテリーのバックアップ電力が組み込まれている。例えばいずれかの基本システムが何らかの理由で機能しなかった場合、即座にバックアップ・システムが起動して車両を停止させるように設計されている。

現時点ではミッション・スペシャリスト=特別な訓練を受けたUberのスタッフによる操作や監督が必要だが、ボルボ・カーズは、将来的には自動運転に適した地域で安全かつ信頼性の高い自動運転車の配車サービスが実現可能になるとしている。

ボルボ・カーズ代表取締役社長兼CEOのホーカン・サムエルソンは「今後5年以内には、ボルボが販売する全ての車のうち三分の一を完全自動運転車になると予想している。Uberとの契約は、配車サービスで世界をリードする企業に対する最適なサプライヤーになる、というボルボの意欲的な姿勢を示している」と述べた。

Uberエリック・メイホーファーCEOは「ボルボのような企業との緊密な協力関係は、安全で拡張性のある自動運転車を効果的に製造するための重要な要素だ。ボルボは長い間、安全性へのコミットメントで知られており、今回の発表は最新型の自動運転に対応可能なベース車両の量産化の準備が整ったことを示す第一歩となる。この車は、Uberの自動運転技術を組み合わせることで、今後のUberの自動運転に関する商品ラインナップの重要な要素になるだろう」と語った。