ヘルメット交換するバレンティーノ・ロッシとルイス・ハミルトン、2019年バレンシアサーキットにてcopyright Yamaha Motor Racing Srl

バレンティーノ・ロッシ、F1王者のライディングを評価「ハミルトンのバイクの腕前は見事」

  • Published:

F1とMotoGPでそれぞれ世界の頂点に立った2人の男が12月11日、バレンシア・サーキットで行われたモンスターエネジー主催のプロモーションイベントでお互いのマシンを交換し合った。

6度のF1ワールドチャンピオン、ルイス・ハミルトンは、2019年のヤマハMotoGPバイク「YZR-M1」を、生きる伝説バレンティーノ・ロッシは、メルセデスAMGの2017年型F1マシン「W08 EQ Power+」を走らせた。

Yamaha MotoGPバイク YZR-M1でバレンシアサーキットを走るルイス・ハミルトンとバレンティーノ・ロッシ

互いにリスペクトし合いながら親交を深めてきたロッシとハミルトン。この日2人は、ライダーとドライバーとしてだけでなくメンターとして接し合い、互いの見識や技術を共有しながら、ユニークな経験を楽しんだ。

「バレンティーノのような伝説的なライダーのドライビングを見られるなんて最高だ」とハミルトン。ロッシと共にYZR-M1に跨り、一緒にサーキットを走行する機会にも恵まれた。「それに、彼と同じバイクに乗って彼の後ろに付いてトラックを走れるなんて本当に素晴らしい一時だった」

ヤマハのリン・ジャービス代表はハミルトンのライディングについて「サーキットでバイクを速く走らせることは非常に難しいが、MotoGPのファクトリーバイクに乗ることはさらに困難でより厳しいにもかかわらず、ルイスのパフォーマンスはとても感銘深いものだった」と評した。

ヤマハYZR-M1を走らせるルイス・ハミルトンとメルセデスW08を駆るバレンティーノ・ロッシ、バレンシアサーキットにて

「僕は以前からルイスの大ファンだったけど、今日という日を経てさらにファンになったよ」とバレンティーノ・ロッシ。

「W08をテストできて本当に良かった。前にもF1マシンに乗った事があるけど、あれから随分変わったね。車体、ハンドリングだけでなく、一緒に仕事をしたメルセデスチームにも感銘を受けた。僕の事をすごく歓迎してくれて、僕がマシンに慣れるよう、色々手を貸してくれた」

「一発目のスピード感にはビビったよ。Gフォースはそんなにキツくなかったけど、慣れるまでに少し時間がかかった。リズムに乗って走れるようになった後で、ようやくプッシュし始める事ができた。最高に楽しかったよ。まるで本物のF1ドライバーのような気分だった。今日という日が終わらない事を願ってよ!」

「ルイスと一緒にYZR-M1で走る機会もあったんだけど、僕らの情熱を彼と分かち合えて本当に誇らしかった。技術的に言うと、バレンシアはハードトラックで風が強いから、ルイスには難しいかもって思ったんだけど、彼のライディングはブリリアントだったし、M1での彼のポジションは素晴らしかった」

「彼とこの経験を共有できて本当に楽しかったし、彼の方も楽しんでくれたと思う。だってルイスはバイクから降りるのを嫌がってたからね! 今後もこういった経験をたくさんしていきたい」

画像:ハミルトンとロッシのマシン交換