フェラーリ代表を務めていたステファノ・ドメニカリcopyright Ferrari S.p.A.

フェラーリ元チーム代表、英国放送のテレビ解説者としてF1に復帰

  • 最終更新:

イギリスの公共テレビ局「チャンネル4」は3月13日、2019年のF1テレビ放送の解説者として、スクーデリア・フェラーリの元チーム代表、ステファノ・ドメニカリと契約した事を明らかにした。

ドメニカリは2008年にジャン・トッドの後任としてマラネロのチーム代表に就任。同年にコンストラクターズタイトルを獲得するも、その後はタイトル争いから遠ざかり、2014年にチームを去った。

その後ドメニカリはアウディに籍を移し、2015年にはFIA国際自動車連盟の役職に就任。翌16年には伊ランボルギーニの最高経営責任者に抜擢された。

昨季限りでチームを離れたマウリツィオ・アリバベーネの後任として、古巣フェラーリへの復帰が噂されたが、ドメニカリはマーク・ウェバーやデイビッド・クルサードらと共に、報道する側としてF1に関与する事になる。

英国ではSky SportsがF1の放映権を手にしているため、チャンネル4が今年F1を生中継するのは、シルバーストン・サーキットで開催される地元イギリスGPのみ。その他のグランプリに関しては、ハイライト放送が予定されている。