2019年のル・マン24時間レースで優勝しピットへと凱旋するトヨタ・ガズーレーシング8号車と、これを迎えるファンcopyright Frederic GAUDIN (ACO)

2019年ルマン24時間レース、25万2500人の観客を動員…昨年より微減

  • 最終更新:

ル・マン24時間レースを統括するACOフランス西部自動車クラブは、2019年6月15日から16日にかけてサルトサーキットで開催された第87回ル・マン24時間レースに、昨年より4,400人少ない延べ25万2,500人の観客が足を運んだと発表した。

2019年の伝統の一戦は、決勝1週間前の公開車検から始まりフリー走行と予選を経て、2018-19スーパーシーズンのFIA世界耐久選手権(WEC)最終戦として土曜現地15時にスタート。一時軽い降雨があったものの、最後までドライコンディションに恵まれ、トヨタ・ガズーレーシング8号車が逆転優勝を飾った。

スタート前には、ルマンで6度栄冠に輝いた伝説的ドライバーであるジャッキー・イクスが、1969年のルマン優勝マシンであるFord GT40をドライブ。また、2024年にルマンへの導入が予定されている水素燃料電池を動力とする「LMPH2G」のプロトタイプカーによるデモ走行が行われるなど、スタート前から様々なイベントがファンを沸かせた。

スターターはモナコ公国のシャルレーヌ公妃が担当。61台のマシンがスタートラインを駆け抜け、アクシデントやマシントラブルなどを乗り越えた50台がチェッカーフラッグを受けた。

第88回ル・マン24時間レースは、2019-2020シーズンのWEC最終戦として2020年6月13日から14日に開催される。