インタビューに応えるフェラーリのキミ・ライコネン、2018年F1スペインGPcopyright Ferrari S.p.A.

キミ・ライコネン、2018年シーズン末を以てスクーデリア・フェラーリとのドライバー契約を解消

  • 最終更新:

スクーデリア・フェラーリはF1シンガポールGPを直前に控えた2018年9月11日、今シーズン限りを以てキミ・ライコネンとの正ドライバー契約を終了する事を正式発表した。

フェラーリのスポークスマンは短い声明を発表。次のように述べ、ライコネンの長年に渡る貢献に感謝の意を表した。

「キミは優れたチームプレイヤーであるだけでなく、魅力と才能を備えた一人の人間であり、長年に渡ってチームへ貢献してくれた。今日のチームの成長は彼なしではなし得なかった」

「キミはスクーデリア・フェラーリでワールドチャンピオンを獲得した男であり、今後もチームの一員であり続け、その歴史の一部を担う事になる。長年の貢献に心から感謝すると共に、ご家族を含めたキミの今後の活躍を願っている」

フェラーリがライコネン放出を発表した直後、ザウバーがライコネンとの2年契約締結を発表。引退することなく、2020年まで現役生活を続行する事が明らかとなった。

なお、ライコネンの後任はジュニアドライバーのシャルル・ルクレールが務める。

F1シンガポールGP特集