バルセロナテスト初日を走るレッドブル・ホンダRB15copyright Getty Images / Red Bull Content Pool

F1バルセロテスト1 初日午前結果速報:ベッテルが暫定トップ、ホンダ勢はレッドブルが5番手

  • 最終更新:

2019年F1バルセロナ合同テストが18日(月)現地9時にスタート。4時間に渡って行わわれた午前のセッションが終了した。暫定トップに立ったのは、C3タイヤで1分18秒161をマークしたスクーデリア・フェラーリのセバスチャン・ベッテル。2番手セルジオ・ペレス(Racing Point)に0.783秒差をつけ最速タイムを刻むと共に、全9台中最多となる72ラップを走り込んだ。

3番手は硬めのC2タイヤを履いた王者メルセデスAMGのバルテリ・ボッタス。開始直後から淡々と走行を続け、フェラーリに次ぐ69周を走破した。4番手には赤旗第一号と喫したアルファロメオ・レーシングのキミ・ライコネンが続いた。ライコネンはセッション開始早々にターン5でグラベルイン。身動きが取れずレッカーに助けを求めた。

注目のレッドブル・ホンダ、マックス・フェルスタッペンは52周を走って1分20秒174の5番手。最速ベッテルと同じC3タイヤを履いているものの、2秒強ほど離されている。6番手にはマクラーレン・レーシングのカルロス・サインツ。昨年はトラブルまみれで走行マイレージを失ったものの、まずは56周を走破。堅実なスタートを切った。

セッション開始前には、アルファロメオとリッチエナジー・ハースF1の2チームがピットレーンで新車を正式発表。昨年は大雪に見舞われたものの、18日午前のバルセロナには明るい日差しが降り注ぎ、気温18度、路面温度25度のドライコンディション。絶好のテスト日和となっている。

7番手はルノーのニコ・ヒュルケンベルグ。ラップタイムは目立たないものの、65周を走り込んでいる。8番手はハースのロマン・グロージャン。開始2時間弱のところで燃圧トラブルに見舞われ、走行時間を大きく失った。最後尾9番手はトロロッソ・ホンダのダニール・クビアト。35周を完了したものの、現時点では印象的なタイムを刻んでいない。

F1合同テスト1 初日午前速報順位

テスト中のピレリタイヤは、専用にデザインされた5種類のコンパウンドが投入される。C2からC4までのコンパウンドはシーズン中と同じ白色、黄色、赤色のラインが刻まれるが、最も硬いC1と最も柔らかいC5に関してはラインのないものが用意される。

Pos Driver Team Time Tyre Laps
1 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:18.161 C3 72
2 セルジオ・ペレス レーシングポイント 1:19.944 C3 20
3 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:20.127 C2 69
4 キミ・ライコネン アルファロメオ 1:20.160 C2 46
5 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 1:20.174 C3 52
6 カルロス・サインツ マクラーレン 1:20.430 C2 56
7 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1:20.980 C2 65
8 ロマン・グロージャン ハース 1:21.500 C2 18
9 ダニール・クビアト トロロッソ・ホンダ 1:21.732 C3 35