メルセデス・ベンツA 180 Style Sedan

メルセデス・ベンツ、新型Aクラス セダンを日本導入…気になる価格と内外装をチェック

  • 最終更新:

メルセデス・ベンツ日本株式会社は22日、最新の前輪駆動シャシーをベースにした初のプレミアムコンパクトセダン「Aクラス セダン」を発売。予約注文の受付を開始した。価格は1.4リッター直列4気筒エンジンを搭載する「A180 セダン」の344万円(税込)~。

メルセデス新型Aクラス セダンは、狭い街中であっても持て余すことがないコンパクトなボディサイズが特長だ。ホイールベースはハッチバックの新型Aクラスと同一サイズとなる2729mmで、ボディサイズは全長4549mm、全幅1796mm、全高1446mm。

最新型ということで、対話型インフォテインメントシステム「MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザー エクスペリエンス)」やフラッグシップのSクラスに搭載されている最新安全運転支援システムを採用するなど、多くの機能が取り入れられている。

ラインナップは、1.4リッター直列4気筒ターボエンジンの「A 180 セダン」及び「A 180 Style セダン」と、2.0リッター直列4気筒ターボエンジンに4輪駆動システム「4MATIC」を組み合わせた「A 250 4MATIC セダン」の3種類。発表記念特別仕様車として「A 250 4MATIC セダン Edition 1」も用意される。

官能的かつスポーティーなデザイン

メルセデス・ベンツ新型Aクラスセダン

エクステリアデザインは、「Sensual Purity(官能的純粋)」というメルセデス・ベンツの基本思想に基づき、ラインやエッジを大幅に削減した輪郭を採用した。上下方向に細いヘッドライトデザインや、低く構えた姿勢のフロントエンド、ボンネットからAピラーへの流れるような繋がりや、ボディのたくましいショルダーなどがスポーティさを強調する。リアエンドには、ワイドな印象を与える2分割型リア・コンビネーションランプを採用した。

メルセデス・ベンツ新型Aクラス A180セダン リア

ワイド&ロー、かつスポーティなデザインによって空力性能も向上。Cd値0.22、前面投影面積2.19平方メートルを達成しており、世界の量産乗用車で最高の空力性能を備えているという。

メルセデス・ベンツ新型Aクラス A250 Matic セダン インテリア

インテリアは新型Aクラスの基本的デザインを踏襲。モダンかつアバンギャルドにまとめられた。インストゥルメントクラスター上方のカウルを廃止し、ワイドスクリーンディスプレイをダッシュボードの上部に配置する事で、より解放感があるコックピットデザインに仕上げた。

5つの円形のエアアウトレットは、ジェットエンジンのタービンを想わせるスポーティなデザインを採用。エアアウトレットの奥の部分に色のアクセントを施すことで、アフターバーナーを想起させる。アンビエントライトは全64色と、先代Aクラスの5倍に拡大。また、64色を10種類の色彩の世界にまとめることで、鮮やかな色の変化を伴うライティングを実現する。

メルセデス・ベンツA 250 4MATIC Sedan_Rearseat

前後のオーバーハングを切り詰めホイールベースを拡大したことで室内長が増加。大人4人が快適に過ごすことができる広い室内空間を実現した。トランクスペースは420リットルを確保し、4:2:4分割可倒式を採用。様々な使い方に柔軟に対応することができる。

メルセデスA-Class Sedan トランクルーム

2種類のパワートレイン

「A 180 セダン」および「A 180 Style セダン」には、最高出力136馬力(100kW)、最大トルク200Nmを発揮する1.4リッター「M282」エンジンを搭載。デルタ形シリンダーヘッドの採用によって、軽量化と省スペース化を達成し、先代モデルと比べて14馬力の性能向上を果たした。

「A 250 4MATIC セダン」に搭載される2.0リッター直列4気筒ターボエンジン「M260」は、 最高出力が224馬力(165kW)、最大トルク350Nmを発生させる。エンジンブロックはアルミニウムダイカスト製で、可変バルブタイミングを実現する「カムトロニック」を搭載。状況に応じた最適な吸気を実現する。

可変トルク配分型の四輪駆動システム「4MATIC」は、あらゆる路面状況において常に最適なトラクションを発揮し、高い操縦性と走行安定性を実現する。通常は、ほぼ100%前輪駆動で走行し、状況に応じて効率的に後輪にトルクを配分する。オフロードや雪道などでは瞬時に適切なトルク配分を行い、高い操縦性と走行安定性を確保する。

組み合わされるトランスミッションは、2モデルとも7速デュアルクラッチ・トランスミッション「7G-DCT」。効率向上に効果的なダイレクトな変速を実現しながら、振動を抑えるセッティングが施されている。

発表記念特別仕様車「A 250 4MATIC セダン Edition 1」

メルセデス・ベンツ新型Aクラス A 250 4MATIC Sedan Edition1

発表記念特別仕様車「A 250 4MATIC セダン Edition 1」は、外装色にポーラーホワイトを採用。コッパーアクセント入りブラックダイヤモンドグリルや、専用の19インチAMGマルチスポークアルミホイール、そしてフロントフェンダーには専用の「Edition」を示すバッジが装備され、スタイリッシュで上品なイメージを演出する。

インテリアはエクステリアに合わせて、シート、ダッシュボード上部、ドアトリムやフロント・アームレスト、フロアマットなどに専用のコッパーステッチを採用。また、64色から選択可能なアンビエントライトが装備され、トリムには「Edition」のロゴが入ったアルミニウムインテリアトリムを配置。スタイリッシュで特別感のあるインテリアに仕上げた。

また、安全運転支援システム「レーダーセーフティパッケージ」、「ナビゲーションパッケージ」、360°カメラシステム、ヘッドアップディスプレイやアドバンスドサウンドシステムが含まれる「アドバンスドパッケージ」も標準装備され、Aクラス セダン注目の機能を全て備えた特別なモデルに仕上がっている。

人工知能を搭載した対話型システム

対話型インフォテインメントシステムMBUXの特長の1つは、人工知能による学習機能。特定のユーザーに適応する個別対応能力を備えるため、クルマとドライバー、そして乗員の間に心の結びつきが育まれるとメルセデス側は説明する。

その他には、高精細ワイドスクリーン・コックピット(10.25インチ、タッチスクリーン操作対応)や、自然対話式音声認識機能を備えたボイスコントロールなども備える。ボイスコントロールは「ハイ、メルセデス」をキーワードとして起動する。

新型自然対話式音声認識機能は、多くのインフォテインメント機能(目的地入力、電話通話、 音楽選択、メッセージ入力・読み上げ、気象情報)に加えて、クライメートコントロール、各種ヒーター、照明など多様な機能にも対応。自然言語認識機能の搭載により、車両操作関連の自然な言語を認識、理解できるという。例えば、温度を下げる場合に「温度24度」という明確な指示ではなくても、「暑い」と言えば理解する。

学習能力を備えることで、クラウド上のソフトウェアモデルによって新しい流行語を覚えたり、時代による言葉の用法の変化を学習する。また、個々のユーザーに合わせた対応が可能で、例えば、定期的に決まった電話番号へ電話をするユーザーに対しては、その時刻になるとディスプレイに相手の電話番号を「おすすめ」として表示。また、決まった時刻にラジオを放送局に切り替える方には、そのように提案するのだという。

スマートフォンのコネクティビティ関連機能も充実させた。Qi規格対応機種の携帯電話を無線充電する「ワイヤレスチャージング機能」を前席に全車標準装備する。

先進の安全機能とインテリジェントドライブ

Aクラスセダンには、Sクラスと同等のシステムをオプションとして設定。歩行者や車両の飛び出しを検知した場合や、先行車両や障害物を回避できない場合の自動緊急ブレーキによる被害軽減機能、車線維持機能や斜め後ろの死角の車両との衝突回避を支援する機能、そしてステアリングアシストなどを備える。また、先行車との車間距離のみならず周囲の交通状況(車両、車線、ガードレールなど平行な物体)を常に監視する。

システム起動時に高速道路上で自動停止した場合、30秒以内(一般道では3秒以内)であれば自動再発進が可能となり、渋滞時のドライバーの疲労を大幅に低減させる。

「アクティブレーン・チェンジングアシスト」は、ドライバーがウインカーを点滅させた場合、行き先の車線に車両がいないことを確認して、自動で車線を変更する。さらに、ドライバーが走行中に気を失うなど、万が一の場合には、自動的に車線を維持しながら緩やかに減速・停止する「アクティブエマージェンシーストップアシスト」も搭載する。

テレマティクスサービス

自動車に通信機能をもたせて利便性を向上させるテレマティクスサービス「Mercedes me connect」は、「24時間緊急通報サービス」などを最長10年間無償で提供する「安心安全サービス」及び、「Send2Car」などを3年間無償で提供する「快適サービス」の2つのサービスカテゴリーから構成される。

安心安全サービス

24時間緊急通報サービス:事故検知時(エアバッグ、シートベルトテンショナー 展開時)または車内にあるSOSボタン押下時に、コールセンターが消防に連絡。

24時間故障通報サービス:ツーリングサポートが必要な際に、meボタンを押すと ツーリングサポートセンターに繋がる。

快適サービス

リモートドアロック&アンロック:スマートフォンの操作で車両ドアのロック、アンロック。

リモート(車両)ステータス確認:車両の走行距離、燃料計、平均燃費等の状態をアプリ等で確認。

駐車位置検索:駐車した車両の位置をアプリの地図上に表示。

Send2Car: スマートフォンから、ナビゲ―ションの目的地を遠隔設定。

メーカー希望小売価格

モデル ステアリング エンジン 税抜価格
A180 セダン 1.4L直噴ターボ 312万7,273円
A180 Style セダン 1.4L直噴ターボ 350万9,091円
A250 4MATIC セダン 2.0L直噴ターボ 440万7,408円
A250 4MATIC セダンEdition 1 2.0L直噴ターボ 538万8,889円