2018年第一回インシーズンテストを走るトロロッソ・ホンダSTR13copyright Getty Images / Red Bull Content Pool

トロロッソ・ホンダ「オイルラジエーターが故障、午後の大半を棒に振った」F1バルセロナ合同テスト初日

  • 最終更新:

トロロッソ・ホンダのチーフ・レースエンジニアを務めるジョナサン・エドルズが、5月15日(火)に行われた2018年インシーズン・バルセロナ合同テスト初日セッションの状況を説明した。

トロロッソ・ホンダはこの日、プレマレーシングからFIA F2選手権に参戦しているショーン・ゲラエルを招集。膨大な量のテストタスクを用意しテストに臨んだものの、オイルラジエーターの故障によってエンジン交換を余儀なくされた。

その結果、午後のセッションの大半を棒に振ることになり、総周回数は全13台中最小の50周。全開走行でのタイムアタックを終えることなく、タイムシート12番手に沈んだ。

オイルラジエーターが故障…大量のオイルが漏れた

ジョナサン・エドルズチーフ・レースエンジニア

マシンへの理解を深めパフォーマンスを前進させるために、今回のテストに向けて広範囲なプランを計画していたんだ。試さなきゃならないアイテムがたくさんあったし、本当に忙しかったよ。ショーンにとってSTR13を走らせるのは今回が初めてだったわけだけど、僕らのためにテストの役割を引き受けてくれて嬉しいし、戻ってきてくれて良かったよ。

今朝は良いスタートが切れた。いくつか空力のマッピング作業を行い、タイヤへの理解を深め、少しだけどセットアップ作業にも取り組んだ。残念なことに、午前のセッションの終盤にオイルラジエーターの故障が発生してしまった。かなりの量のオイルが漏れたんだ。念のために予防措置としてパワーユニットを載せ替えることにした。

メカニック達はマシンをトラックに戻すために本当に素晴らしい仕事をしてくれた。午後にパフォーマンス・ランを完了させる計画だったから、ショーンにとってはきちんとしたラップタイムを出すチャンスを与えてやれなくて申し訳ない。最終的に、セッションが終わる20分前にマシンをコース上に戻しインスタレーションラップを行ったんだが、レッドフラッグが出てしまい結局2周の走行に制限されてしまった。

ラジエーターの些細なトラブルのために半日を失ってしまい、思ったような周回数を稼げず本当にがっかりしている。計画していた仕事を終えることができなかったから、今夜も継続してテストプランに取り組むつもりだ。計画しているアイテムを見直して優先順位をつけた上で明日に臨むよ。


初日トップタイムはマックス・フェルスタッペン(Red Bull)、2番手にカルロス・サインツ(Renault)、上位2名がハイパーソフトタイヤでの計測となった一方、3番手セバスチャン・ベッテル(Ferrari)はソフトタイヤで自己ベストを刻んだ。詳しくは、F1バルセロナ合同テスト初日結果を参照されたい。

2日目のテストは、現地16日(水)9:00〜13:00及び、14:00〜18:00の2回のセッションが予定されており、トロロッソ・ホンダはピエール・ガスリーがステアリングを握る。