笑顔のピエール・ガスリー、2018年F1バーレーンGPにてcopyright Honda

ピエール・ガスリー、母国GPに強い決意「最高の結果を残したい」F1フランスGP《Preview》2018

  • 最終更新:

6月22日金曜から始まる第8戦F1フランスGPを直前に控え、トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーがレースへの抱負と意気込みを語った。仏ルーアン出身のガスリーにとっては、F1で初めての母国グランプリとなる。

母国フランスで最高の結果を残したい

ピエール・ガスリー

F1フル参戦を果たした最初のシーズンに、母国のフランスGPが復活するなんて僕にとっては信じられない位うれしいよ。何しろ10年ぶりの復活だしね。自分のホームでレースが出来るのを本当に楽しみにしてる。実際にトラックに出ていく時の感情は特別だろうね。ジャン・アレジとアラン・プロストにこの件について話をしたんだけど、二人が言うには、フランス人としてフランスでレースをするのは本当に特別なものだし、一度は経験しておくべきだってさ。ル・カステレに行くのが待ち切れないよ。

プレッシャーは全くないよ。逆に、盛大なサポートを受けてるんだって感じるんじゃないかな。グランプリの開催は、フランスのモータースポーツファンみんなにとって喜ばしい事だよ。このスポーツはフランスの文化の一部であり続けてきたからね。今年はフランスのチームがいて、3人のフランス人ドライバーがグリッドに並ぶ事になる。今週末のイベントによって、F1への関心が深まると良いね。もちろん、僕もそのために頑張るつもりだよ!

僕はこれまでにポール・リカール・サーキットで何度か成功してるんだ。フォーミュラ4とフォーミュラ・ルノー2.0で優勝しているし、フォーミュラ・ルノー3.5の時にはポールポジションから2位表彰台を獲得したんだ。毎回優勝か表彰台に上がってるし、お気に入りなんだよね。母国のコースで最高の結果を残せることを祈るよ。


フランスGPの舞台となるのは、マルセイユ近郊のポール・リカール・サーキット。同コースで最後にF1が開催されたのは1990年。今年28年ぶりにカレンダーに復活した。2000年代にはテスト専用コースとしてリニューアル。F1から市販車まで、幅広い車がここでテストを行った。競技用サーキットに復帰したのは2009年。観客席などが新設された。

F1フランスGP特集