F1公式テーマソングの録音風景copyright BrianTylerMusic

F1公式テーマソングの音源が流出…「あまりにもアメリカ的」と厳しい批判

  • 最終更新:

3月20日、オーストラリアGPで初お披露目される予定となっていたF1の新しいテーマ曲と思しき音源が流出、その音楽性に対してファンからの批判が相次いでいる。リバティ・メディア新体制下のフォーミュラ1は、ロゴをはじめとするVI(ビジュアルアイデンティティ)の再定義と並行して、全世界共通の公式テーマソングの制作を進めている。

米国人作曲家ブライアン・タイラーは今月3日、F1の新しいテーマ曲の作曲を依頼された事を公表。タイラーはカーアクション映画「ワイルド・スピード」シリーズ、「ランボー/最後の戦場」、「アベンジャーズ」等、これまでに多数の映画音楽を手掛けている。

流出した問題の音源は、今月13日にロンドン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏で録音されたものとみられる。オーケストラが奏でる音の背景には時折、走り去るマシンのエンジンのような音が組み合わされ、映画のサウンドトラックのような印象を受ける仕上がりとなっている。

かつてジョーダンやレッドブル、コスワースでF1に携わってきたマーク・ギャラガーは「エンジンノイズが加わったパイレーツ・オブ・カリビアン」と評価。ファンからは「スーパーヒーローものの映画音楽みたい」「あまりにもアメリカ的」「テーマソングなんて望んでないから、大音量のエンジンサウンドを返してくれ」といった厳しい評価が目立っている。

日本においてはT-SQUAREの「TRUTH」がF1のテーマ曲として有名だが、欧州では1970年代後半から英国のロックバンドFleetwood Macの「The Chain」がBBC放送のF1テーマ曲として用いられており、日本における「TRUTH」同様に、多くのファンが熱烈な愛着を持っている。