ブラウンGPのジェンソン・バトンとルーベンス・バリチェロ、レッドブル・レーシングのセバスチャン・ベッテル、2009年F1ブラジルGPにてcopyright Getty Images / Red Bull Content Pool

バトンとバリチェロ、2009年のF1制したブラウンGPコンビが「Legends Trophy」に参戦

  • Published: / Updated:

ジェンソン・バトンとルーベンス・バリチェロ。2009年のF1世界選手権を制したブラウンGPのドライバー達が、40歳以上のレジェンドドライバーを対象としたシムレースイベント「Legends Trophy(レジェンド・トロフィー)」の第2回大会に参戦する事が決まった。

先週末の第1回大会を経て、今回のイベントはダブルヘッダーへと変更された。第2レースに関してはドライバーから要望に応じてリバースグリッド形式でレースが行われるようだ。配信は日本時間4月4日(土)25時より、以下のYouTubeチャンネルで無料ライブ配信される。

2009年のF1ワールドチャンピオンとF1通算322戦を誇る鉄人の他に、今回もまた豪華なベテランドライバー達がステアリングを握る。

F1参戦を経て2009年のルマン24時間ウィナーとなったデビッド・ブラバムや、インディ500で3度の勝利を収めたエリオ・カストロネベス、2003年のインディ500チャンピオンにして、マクラーレンの現スポーティング・ディレクターを務めるジル・ド・フェラン、2度のF1王座を持つエマーソン・フィッティパルディ、メキシコモータスポーツ界の英雄エイドリアン・フェルナンデス、2007年のインディカー王者にして第1回Legends Trophyの勝者ダリオ・フランキッティ、そして2013年のインディ500ウィナーであるトニー・カナーンがグリッドに着く。

今週末はLegends Trophyの他にも、F1公式バーチャルレース「F1 Esports Virtual Grand Prix」やインディカー・シリーズ公式の「INDYCAR iRacing Challenge」等多くのシムレースイベントが開催される。