Audi e-tron Vision Gran Turismo

グランツーから生まれたAudi e-tron Vision Gran Turismo、8月4日に富士スピードウェイでデモランを実施

  • 最終更新:

プレステ4の人気ソフト「グランツーリスモ」とのコラボによって生まれたAudi e-tron Vision Gran Turismo(ビジョン グラン ツーリスモ)が8月4日(土)、富士スピードウェイでデモランを実施。日本で初披露される。

デモンストレーション走行はアウディ・ジャパン株式会社が主催する形で、SUPER GT第5戦開催中の8月4日(土)17:00~18:00にかけて静岡県富士スピードウェイ・レーシングコースにて行われる。また、8月8日(水)には東京秋葉原のベルサール秋葉原にて10:00から15:00までの間、展示イベントが合わせて開催される。

Audi e-tron Vision Gran Turismoは、プレイステーション4用レースシミュレーションソフト「グランツーリスモ」とのコラボレーションにより、アウディがデザインしたバーチャルカー。仮想世界のスーパーカーが現実世界のワンオフカーとして開発・製造された。

200kWの電気モーターをフロントアクスルに1基、リヤに2基を備えるフルタイム4WDの電気自動車は、システム出力600kW(815馬力)を誇る。車重1,450kgはEVとしては比較的軽量で、パワーウェイトレシオはわずか1.78kg/hpに収められている。スポーツドライビングに大きな影響を与える前後重量配分は、理想的な50:50。0~100km/h加速では2.5秒以下という驚異的なタイムを叩き出す。

エクステリアデザインおよびカラーリングは、Audi 90 quattro IMSA GTOへのオマージュがベース。この伝説的なレーシングマシーンは1989年、パワフルな5気筒ターボとquattroシステムの組み合わせをアドバンテージに、ハンス-ヨアヒム・シュトゥック、ワルター・ロール、ハーレイ・ヘイウッド、スコット・グッドイヤーらの手によって、北米IMSA GTOシリーズを席巻した。

Audi e-tron Vision Gran Turismoは4月14日のフォーミュラEローマ戦を皮切りとして様々なイベントに登場。ゲストのレーシングタクシーとして、eモビリティへのエキサイティングな架け橋の役割を果たしてきた。