ドーナツターンを披露するRB8、2019年レッドブル・レースデイ・スイスにてcopyright Getty Images / Red Bull Content Pool

セバスチャン・ブエミ、レッドブルRB8でスイスの飛行場を爆走

  • 最終更新:

ハンガリーGPとベルギーGPとの間の中休みを埋めるべく、レッドブルはトランスポーターにF1マシンを積み込み、スイスの首都ベルンから北に25キロ離れたグレンチェン空港でショーランを開催した。

持ち込まれたのは、セバスチャン・ベッテルが3年連続チャンピオンを獲得した2012年型の「RB8」。地元出身のセバスチャン・ブエミがステアリングを握り、エンジン全開走行やドーナツ、バーンアウトを連発し、訪れた3万6000人のファンを魅了した。

ファンと写真撮影するセバスチャン・ブエミ、2019年レッドブル・レースデイ・スイスにて

2019年レッドブル・レースデイ・スイスでドーナツターンを披露するマシン

「2019 Red Bull Race Day Switzerland」と銘打たれたこのイベントには、レッドブルがサポートするF1以外の様々なモータースポーツのヒーローとマシンが登場。欧州ドリフト選手権のチャンピオンや、フリースタイル・モトクロス世界王者らが技を披露した。

レッドブル・エアレース界からは、マティアス・ドルデラーとニコラス・イヴァノフが参加。世界大戦時に活躍した双発単座戦闘機「ロッキードP38ライトニング」を飛ばして、時速370km以上という途方もないスピードで上空を駆け抜けた。

ロッキードP38ライトニング、2019年レッドブル・レースデイ・スイスにて