ウィリアムズ・レーシングのジョージ・ラッセル、2021年型F1マシン「FW43B」の英シルバーストン・サーキットでのシェイクダウンにて、2021年2月17日copyright Williams

ウィリアムズ、英シルバーストンで2021年型F1マシン「FW43B」をシェイクダウン

  • Published:

3月5日の新車発表に向け、ウィリアムズ・レーシングが2月17日(水)にフィルミングデイを利用し、英国シルバーストン・サーキットで2021年型F1マシン「FW43B」のシェイクダウンを行った。

同じシルバーストンで16日(火)に「MCL35M」をシェイクダウンしたマクラーレン同様に、ジョージ・ラッセルとニコラス・ラティフィは共にウェットコンディションの中で初めて今季型マシンを走らせた。

待望の新車は3月5日までお預けであるものの、チームはラッセルの走行をピットウォールから見守るラティフィの様子を収めたティーザーを公開。ぼかし処理が施されているため視認する事はできないが、おぼろげながらもコースを走る「FW43B」が確認できる。

なお、既に公開されているアンブロ製のチームウェアから、「FW43B」のカラーリングはネイビーブルーとなる事が予想される。

レギュレーションによって現行マシンでの走行は厳しく制限されているものの、プロモーション目的であれば年間2回を上限として走行が許可されている。詳細は明らかにされていないが、2人はピレリのデモタイヤを装着して100km、約17周を走行したものと見られる。

メルセデス製パワーユニットとギアボックスを搭載する昨年型の発展型となる「FW43B」は、ドリルトン・キャピタルがチームオーナーとなって、また、今月初めにチームに加わったヨースト・カピートCEO体制下での最初のマシンとなる。

ウィリアムズ・レーシングのニコラス・ラティフィ、2021年型F1マシン「FW43B」の英シルバーストン・サーキットでのシェイクダウンにて、2021年2月17日
「FW43B」に乗り込むニコラス・ラティフィ