2021年トヨタ新型GR-86の外装Courtesy Of TOYOTA MOTOR CORPORATION

トヨタ、新型GR 86を世界初公開…2021年秋 日本発売を予定

  • Published:

TOYOTA GAZOO Racingは4月5日(月)、GRスープラ、GRヤリスに続く、スポーツカーシリーズ「GR」のグローバルモデル第3弾、新型「GR 86」を世界初披露した。日本での販売は2021年秋頃を予定する。

「直感ハンドリングFR」をコンセプトにSUBARUと共同開発された86は2012年の初代以来、ラリー、ワンメイクレース、ジムカーナ、ダートトライアルなど、様々なモータースポーツのベース車として高い人気を博し、世界累計販売台数は20万台に及ぶ。

新型「GR 86」は、水平に低く通ったアンダーボディとキャビン後部の絞り込みでワイドなスタンスと低重心を表現。操舵応答性や操縦安定性を向上させるため、エアアウトレットやサイドシルスポイラーなどを織り込み、フロントにはGRブランド専用の「FUNCTIONAL MATRIX GRILL」を採用し、機能性とエモーショナルさの表現を両立した。

インテリアは運転に集中できる空間の実現を目指した。メーターには7インチTFTディスプレイを採用し、水平対向エンジンのピストンの動きをモチーフとしたオープニングアニメーションが走行前の高揚感を演出する。

2021年トヨタ新型GR-86の外装Courtesy Of TOYOTA MOTOR CORPORATION

2021年トヨタ新型GR-86の外装

新採用の水平対向4気筒エンジンは「軽量コンパクトかつ低重心」という特長を維持しながら、2Lから2.4Lへと排気量を増加させて動力性能を引き上げ、0-100km/h加速性能を従来型の7.4秒から6.3秒に高めると共に、レスポンスを向上させて高回転域までストレスなく伸びるフィーリングを実現した。

パッケージ及びサイズは従来型を継承。ルーフパネルやフェンダーにアルミ材を採用するなど更なる低重心化、軽量化を実現し、街乗りから限界走行まであらゆる速度域において「走る楽しさ」が感じられるハンドリング性能を目指して、ねじり剛性を従来型比約50%向上させることで操縦安定性能を高めた。

ATモデルではSUBARUの運転支援システム「アイサイト」を採用。衝突回避支援や衝突被害の軽減に貢献するプリクラッシュセーフティ技術や、万が一事故が起きた際の救護支援、二次衝突の回避支援まで、総合的な安全技術を搭載する。

全長 mm 4,265
全幅 mm 1,775
全高 mm※1 1,310
ホイールベース mm 2,575
トレッド前 mm 1,520
トレッド後 mm 1,550
最低地上高 mm 130
車両重量 kg※2 1,270
エンジン 水平対向4気筒
筒内直接+ポート燃料噴射装置〈TOYOTA D-4S〉
内径×行程 mm 94.0×86.0
総排気量 L 2.387
圧縮比 12.5
駆動方式 FR
トランスミッション 6MT または6AT
最高出力 kW(PS)/rpm 173(235)/7,000
最大トルク N・m(kgf・m/rpm) 250(25.5)/3,700
最高回転数 rpm 7,400
サスペンション フロント マクファーソンストラット式
リヤ ダブルウィッシュボーン式
ブレーキ フロント Vディスク
リヤ Vディスク
タイヤ(フロント・リヤ) 215/40 R18
燃料タンク容量 L 50