ルカ・ギオット、2019年FIA-F2選手権ハンガリーにてcopyright FIA FORMULA 2 MEDIA SERVICE

ルカ・ギオット「現時点でトロロッソ・ホンダからのアプローチはない」

  • 最終更新:

ピエール・ガスリーの去就を巡る憶測の中で、ルカ・ギオットが突如、来シーズンのトロロッソ・ホンダの候補者として浮上したが、本人は、トロ・ロッソはもちろん、他のどのチームからもアプローチはないと明言した。

24歳のイタリア人ドライバーは、2015年のGP2シリーズで5勝を挙げ年間2位に輝き、ポールポジション記録と最速ラップ記録を更新。目標とするF1デビューに向けて、2017年には、ウィリアムズのF1ハンガリーテスト2日目を担当している。

この程、ギオットの母国メディアが、2020年のトロロッソ・ホンダの候補にギオットの名が上がっていると報道。ピエール・ガスリーの代わりに、ダニール・クビアトまたはアレックス・アルボンがレッドブル昇格を果たした際の後任となる可能性を報じた。

だがギオットは、ハンガリーGPの週末に地元メディアに対して「チャンスがある事を祈ってはいるけど、トロロッソの誰からも連絡はもらっていない」と語り、憶測を否定した。

「現時点ではファエンツァのチームは言うまでもなく、他の誰とも連絡を取っていない。100%ゼロだ」

ギオットは今年、ユニ-ヴィルトゥオーシ・レーシングからFIA-F2選手権へと参戦。2度の優勝を含む6回のポディウムと、2回のポールポジションを獲得し、現在ドライバーズチャンピオンシップで4位につけている。