左から田辺豊治テクニカル・ディレクター、山本雅史F1マネージングディレクター、優勝したマックス・フェルスタッペン、クリスチャン・ホーナー代表、2019年F1ブラジルGPにてcopyright Getty Images / Red Bull Content Pool

「レッドブル・ホンダは2020年に向けて強力な礎を築いている」来季躍進を予想するロス・ブラウン

  • Published:

F1のスポーティング・ディレクターを務めるロス・ブラウンは、レッドブル・ホンダの来季躍進を予想。F1ブラジルGPを振り返って「2020年に向けて強力な礎を築いている」と語った。

今年のブラジルGPは、クラッシュやアクシデントに満ちたドラマチックなレースとなったが、マックス・フェルスタッペンにとってのキャリア通算8度目の勝利は、なるべくしてなったものと言えよう。確かに、2度に渡ってルイス・ハミルトンをコース上で交わす必要に迫られたが、フェルスタッペンはいとも簡単にそれをやってのけた。

「レッドブル・ホンダは、間違いなくこの日最高のパッケージだったが、それと同時にマックスも実に見事だった」とロス・ブラウン。「彼は何があろうともびくともせず、エンジニアやストラテジストの判断を信頼し、ペース、パワー、正確さで勝利を収めた」

「特に力強かったのは、2回目の再スタートの時だ。彼は、後続のマシンにスリップストリームを使わせないようにフィールドを減速させた。あれは刺激的で魅力的なリスタートであり、今後注意深く分析される事になるだろう」

「というのも、グリーンフラッグに至るまでの数秒の間、集団は非常に接近し、僅かの差が決定的な意味を持ちかねない状況であったがゆえに、そこではドライバー達によるポジションを巡る駆け引きが行われ、スリリングなスペクタクルをもたらしたからだ。将来、こういった状況を手続き的に再現できるような可能性を検討することは、実に興味深い。今後研究される事は間違いないだろう」

2019年シーズンはF1競技規約が改定され、セーフティーカーからのリスタートの際は、スタート・フィニッシュラインを通り過ぎるまでオーバーテイクが禁止されている。以前はピットレーン入口付近に設置される第一セーフティーカーラインが基準となっていた。

そのためラップリーダーのフェルスタッペンは、従来のように最終コーナーから加速する事はせずに、スタート・フィニッシュラインの直前まで加速を保留。後続マシンのオーバーテイクの芽は完全に潰された。またこれと同時に、フェルスタッペン以下のマシンは、熾烈な駆け引きを繰り広げる事となった。

この新たなルールによって、フェルスタッペンがアドバンテージを得た事は否定し難いが、ロス・ブラウンは、それがなかったとしてもフェルスタッペンの勝利は揺るぎなかったと考えており、来シーズンは今季以上にタイトル争いに絡むだろうと予想する。

「マックスが今年挙げた3勝の中で、今回の勝利はレッドブル・ホンダのパッケージが最高に活きた場所だった。実際に彼らのパッケージがライバル達のレベルに匹敵していなかったとしても、接近していたように思う」

「今季残されたレースは後一つだけだが、ミルトンキーンズのチームと日本のマニュファクチャラーは、2020年に向けて強力な礎を築いている」