日産の新型EVレーシングカー「NISSAN LEAF NISMO RC」

前期型より遥かにかっこいい!日産の新型EVレーシングカー「NISSAN LEAF NISMO RC」が初公開

  • 最終更新:

日産の新型EVレーシングカー「NISSAN LEAF NISMO RC」が11月30日、東京銀座のNISSAN CROSSINGで世界初公開された。同車は日産のモータースポーツを担うNISMOのレーシングテクノロジーによって開発され、計6台が生産される見通しだ。

アグレッシブなデザインに刷新された「NISSAN LEAF NISMO RC」はツインモーターと四輪駆動システムを搭載し、最大240キロワットの出力と640Nmのトルクを発生させる。新開発の四輪駆動システムは四輪それぞれで出力を独立コントロール。高いグリップ力とコース上での素早く効率的な操縦フィールを実現した。

2011年に発表された前期型は冴えない顔つきが残念であったが、新型はイケメン度合いが高められ、”レーシングカー”と呼ぶにふわさしいデザインを纏っている。性能的にも新型は前期型の2倍の最高出力と最大トルクを誇る。

2011年型「NISSAN LEAF NISMO RC」
2011年型「NISSAN LEAF NISMO RC」

ボディーサイズは全長4,546mm、ホイールベース2,750mm、車高1,212mm。軽量部品の採用とフルカーボンファイバー素材のレーシングモノコック構造を採用することで、総重量は僅か1,220kgに抑えられている。優れたパワーウェイトレシオにより、0-100km/hの加速時間は3.4秒を実現した。

新型EVレーシングカー「NISSAN LEAF NISMO RC」新型EVレーシングカー「NISSAN LEAF NISMO RC」フロント側

新型EVレーシングカー「NISSAN LEAF NISMO RC」新型EVレーシングカー「NISSAN LEAF NISMO RC」リア

新型EVレーシングカー「NISSAN LEAF NISMO RC」新型EVレーシングカー「NISSAN LEAF NISMO RC」走行シーン

スリーピース構造の車体には、脱着可能なフロント・リヤセクションと、舗装路で理想的なダウンフォースを発生させるために調整可能なリヤウィングを搭載。ドライブトレインには世界で最も販売台数の多い電気自動車「日産リーフ」の主要パーツと技術が採用されている。

新型「NISSAN LEAF NISMO RC」はフォーミュラE選手権の他、世界各国で行われる主要モーターショーやイベントで展示される。12月2日に富士スピードウェイで開催予定のNISMO Festivalでは、高星明誠による公開デモ走行が行われる予定となっている。