モンテカルロ市街地コースcreativeCommons CaterhamF1

モンテカルロ市街地コース

  • 最終更新:

サーキットデータ

名前
モンテカルロ市街地コース
所在国
モナコ
設立年
1929年
コース全長
3,340m | 18コーナー
周回数
78周 | 時計回り
エンジン負荷レベル
ブレーキ負荷レベル
タイヤ負荷レベル
グリップレベル
エアロ重要度
収容人数
120,000人
レコード
1分13秒532 キミ・ライコネン / マクラーレン / 2006年
WEBサイト
www.acm.mc

モンテカルロ市街地コースとは、フランスの南にあるモナコ公国の4つの地区の中の一つ、モンテカルロの市街地コース。F1カレンダーの中で最も有名なのがモナコGP!!

普段は、カジノやヨットハーバー、高級ブランド店が軒を連ね、世界中のセレブたちが訪れる豪華な街。レース期間は2車線の一般道路の脇に頑丈なガードレールを組み立て、優雅な街は世界一難しいF1コースに姿を変える。ちなみにレース後3週間でそれらは撤去されるそうだ。

monaco f1 photocreativeCommonsvapourtrails

モナコGPは技術的に難しいというだけでなく、ドライバーにとっては絶対に勝ちたいレース。少しでもミスをすればたちまちコンクリートウォールの餌食となるほどシビアなコース故に、ドライバーの力量が強く試されるため、マシンの性能差が現れにくくドライバーの腕・技量が強く求められる。それ故「モナコでの1勝は他での3勝に値する」と言われるほどであり、F1屈指のドライバーズ・サーキットなのだ。そんなモナコGPの勝者は「モナコ・マイスター」と呼ばれ賞賛されている。

国王からトロフィーを受け取るためいわゆる「表彰台」はなく、上位3名は貴賓席にて表彰される。

コースレイアウト

コース幅が極めて狭いこともあり、オーバーテイクは非常に困難なため、予選結果がとても重要になってくる。ただし、そのコース幅に狭さと一瞬のミスが大きなアクシデントに繋がることもあり、決勝レースでのセーフティーカー出動確率が極めて高いため、レース戦略と素早いピット判断が順位を大幅に入れ替えることも多々ある。

モナコサーキットのコースレイアウト
creativeCommonsWill Pittenger

特徴的なコーナー名

モナコの各コーナーには様々な呼び名があり、多くのファン、ドライバー、関係者がいかにこのサーキットを愛しているのかがよく分かる。

  • Sainte Devote(サン・デボーテ)
  • Beaurivage(ボー・リバージュ)
  • Massenet(マスネ)
  • Mirabeau(ミラボー)
  • Casino Square(カジノスクエア)
  • Grand Hotel Hairpin(ロウズ・ヘアピン)
  • Portier(ポルティエ・コーナー)
  • Nouvelle Chicane(ヌーベル・シケイン)
  • Tabac(タバコ・コーナー)
  • Piscine(プールサイド・シケイン)
  • Rascasse(ラスカス・コーナー)

サーキットの場所