• 最終更新:

マスネ(仏:Massenet)とは、F1モナコGPの舞台であるモンテカルロ市街地コースの第3コーナーの愛称。コース脇にある19世紀のフランス人オペラ作曲家”ジュール・マスネ”の胸像が名前の由来となっている。マスネは、1コーナーから続く坂の頂上付近に位置する左コーナーで、F1マシンは7速290km/hから4速160km/hに減速しここを通過していく。この通りは”モンテカルロ通り”と呼ばれている。

マスネの場所

2016年のF1モナコGPでは、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)がオーバースピードでマスネに突っ込みガードレールに衝突、2017年には、ランス・ストロール(ウィリアムズ)がフリー走行でマスネの餌食になっている。ストロールによれば、ここはプレステのゲームでも苦手にしているコーナーだそう。参考:プレステでも現実でも同じコーナーに苦しむ新人ドライバー

Googleストリートビューで見るマスネ

高台になっているため、地中海が一望できるが、F1ドライバーにこの絶景を眺める余裕はないだろう。マスネを抜けた先にはカジノコーナーがある。