バクー市街地サーキットcreativeCommons Francisco Anzola

バクー市街地サーキット

  • 最終更新:

サーキットデータ

名前
バクー市街地サーキット
所在国
-
設立年
2016年
デザイン
ヘルマン・ティルケ
コース全長
6,006m | 20コーナー
エンジン負荷レベル
ブレーキ負荷レベル
エアロ重要度
収容人数
30,000人

バクー市街地サーキットとは、2016年に初開催されるアゼルバイジャンの首都バクーの市街地サーキットのこと。

石油が豊富な元ソビエト連邦のアゼルバイジャンは、ロシアとイランに挟まれた位置にありカスピ海に面している。我々にはあまりなじみがないけれどヨーロッパ圏に属する国として分類されていて、近年ヨーロッパのスポーツ大会や、音楽大会なども開催。アゼルバイジャンGPではなくヨーロッパGPと呼ばれるのもこのためのようだ。

バクーでのF1ヨーロッパGPは、予選・決勝ともに現地時間18時にスタート。トワイライト?と思ってしまうがアゼルバイジャンの6月の日没時刻は21時14分であるため、日の光の下でのレースである。

コースレイアウト

いつものようにヘルマン・ティルケが手がけるサーキット。市街地コースなのでオーバーテイクはなかなか難しい?まだなんともいえないところ。

baku-city-circuit-2
cc:Pitlane02

サーキットの場所