マリーナベイ・ストリート・サーキットcopyright F1NightRace

マリーナベイ・ストリート・サーキット

  • 最終更新:

サーキットデータ

名前
マリーナベイ・ストリート・サーキット
所在国
シンガポール
住所
Marina Bay, シンガポール
設立年
2008年
デザイン
ヘルマン・ティルケ、KBR, Inc.
コース全長
5,073m | 23コーナー
周回数
61周 | 反時計回り
1コーナーまでの距離
200m
エンジン負荷レベル
| 全開率 : 47%
ブレーキ負荷レベル
燃料消費量
| 1.72kg/周
フューエル・エフェクト
| 0.33秒/10kg
タイヤ負荷レベル
グリップレベル
エアロ重要度
レコード
1分45秒599 キミ・ライコネン / フェラーリ / 2008年
@F1NightRace
@F1NightRace
instagram
@f1nightrace
WEBサイト
www.singaporegp.sg

マリーナベイ・ストリート・サーキットとは、2008年から開催されているF1シンガポールGPの舞台となる市街地コースのこと。F1初のナイトレースが開催されたサーキットである。シンガポール市街地コースとも呼ばれる。

marina circuit f1 photocreativeCommonsCaterhamF1

シンガポールの首都中心部の湾岸地区に特設される。ホームストレート及びピットは、グランプリのためだけに公園の一部を一時的に路面舗装して仮設される。公道故に全体的にコース幅が狭く、最も狭い区間である橋を渡るセクションでは約8m程しかない。バンピーな路面、間近に迫るコンクリートウォール、高温多湿の環境、マリーナベイはマシンにもドライバーにも容赦がない。身体的な過酷さはシーズン最大と言われる。

ストリートサーキットの宿命であるが、少しでもグリップを失えばクラッシュのリスクが大きく高まる。2017年現在、過去9年の歴史においてはセーフティーカー出動率が100%となっている。特異点としては、13コーナー付近の路面下の電流が、マシンの電子機器システムに影響をあたえる事が挙げられる。

F1初のナイトレース会場

全長5.067kmにも渡るコースは1500以上の証明によって光の道へと姿を変える。開催に際しての最大の問題点は照明設備にあったが、イタリアのヴァレリオ・マイオーリ社による最先端の照明システムは見事にレースを成功へと導いた。同社は、光のぎらつきや濡れた路面、あるいは他のマシンの上げる水しぶきなどの反射を最低限にするために完璧な提案を打ち出した。

marina circuit photocreativeCommonsthe_junes

コースを照らす照明設備

  • 電源ケーブル10万8,423m
  • スチール製パイロン×240基
  • 照明プロジェクタ×1,600基
  • 総電力318万ワット
  • 照度約3,000ルクス(スポーツ競技場の照明の4倍の明るさ)
  • 発電機×12基

何故ナイトレースなのか?

F1の中心地であるヨーロッパ諸国とシンガポールとの時差は7~8時間。レース開始はシンガポール現地時間で20時=ヨーロッパの午後1時~2時。欧州のファンがテレビ観戦しやすい時間にレースが行われる。

コースレイアウトと特徴

全23のコーナーのうち半分が時速100km以下の超低速コーナーであり、最長ストレートは僅かに832m(5~7コーナーの区間)と短い。そのためパワーエフェクトが非常に低い、つまりエンジン性能があまりタイムに影響しないサーキットとなっている。コーナー数が多いため、エネルギー回生についてはほとんど問題にならない。

マリーナベイ・ストリート・サーキットのコースレイアウト図

スタート直後に接触祭りが開催される1・2コーナーは狭く切り返しのきついシケイン。ここをうまく駆け抜けないと、続く4コーナー付近に設置されたDRS検知ポイントで前車の1秒以内につくことができなくなる。

DRSゾーン1付近およびホームストレートエンドでは300km/h以上の速度となる。5コーナーを如何にうまくトラクションを掛けて立ち上げれるかがここでのオーバーテイクの鍵。路面が極めてバンピーであり、ナイトレースとなる決勝では、フロアを路面にこすりながら火花を散らすマシンが見られる。

セクター3だけでなんと10ものコーナーが存在する。リアタイヤに負担がかかりオーバーヒート気味となるため、タイヤマネージメントが必要不可欠。ブレーキングポイントが16カ所あり、冷却が可能なストレートは少ない事からブレーキへの負荷も高い。

全体としてグリップが低く、一般道特有のマンホールや白線といった”障害物”がマシンのスリップを誘う。これらに加えて、高温多湿によるマシンの信頼性、低速ゆえ2時間リミットの可能性も高く、シーズンの中で最もレース戦略が難しいグランプリとなっている。

勝利へのポイント

高ダウンフォース・セットアップに加えて、低速コーナーから素早く脱出することができるトラクションの良さが必要となる。リアのスタビリティー・熱ダレには注意したい。

決勝での1周のラップタイムが2分近くに及ぶため、順調にレースが進んでもレース終了まで2時間近くかかる。十中八九セーフティーカーが出動するため、2時間打ち切りレースとなる可能性が少なくなく、他のサーキットに比べて戦略の重要性が高いといえる。勝利のためには、迅速かつ的確な判断が求めれられる。

高温多湿な熱帯環境故に、マシンの信頼性及びドライバーの体力面も勝負の行方を大きく左右する。コックピット内は50℃を超え、2時間ほどのレースを終えるとドライバーの体重は3kg程度も減少するという。

サーキットの場所

グランプリウィークに限って公道をサーキットにしているため、決勝レース翌日はコースの解体作業が行われその翌日には通行止めも解除、普通の一般道に戻る。