ポイントシステムcreativeCommons Evil Monkey Ali

ポイントシステム

  • 最終更新:

ポイントシステムとは、Formula One World ChampionshipつまりF1チャンピオン決定戦におけるポイント授与の仕組みのこと。

チャンピオンシップ・ポイント制

各レース毎の順位によって与えられる点数「チャンピオンシップ・ポイント」の総計によってチャンピオンが決定します。ちなみに、各レース結果のポイントの合計ではなく、その中の上位数レースのポイントのみの合計でランキングを算出する「有効ポイント制」というのもあります。他のマシンに追突されて…なんて不慮のアクシデントが多いモータースポーツではこちらのポイントシステムが採用されているジャンルもあるんですね。1990年まではこの有効ポイント制でした。

上位10台がポイントゲット

2010年からポイントシステムが改正されて、上位10台にチャンピオンシップポイントが付与されることになりました。

  • 1位…25ポイント
  • 2位…18ポイント
  • 3位…15ポイント
  • 4位…12ポイント
  • 5位…10ポイント
  • 6位…8ポイント
  • 7位…6ポイント
  • 8位…4ポイント
  • 9位…2ポイント
  • 10位…1ポイント

ポイント付与の条件

基本的にはみんなチェッカーフラッグを受けられればいいのですが、そうは問屋がおろさないのがF1。突然のスコール、アクシデントなどなど、、決勝レースが中断されることもあるあわけですよ。じゃあそんな「レース中断⇒再開不可能」な時はポイントどうすんの?ってお話。

スタートから2周未満の場合

レースは無効となり、ポイント配分はありません。

2周以上~レース周回数の75%未満の場合

通常の半分のポイントを該当順位のドライバー、チームに与える。ハーフポイントです。

2009年の第2戦マレーシアGPでは強烈なスコールで赤旗中断⇒そのまま終了。56周のレースが31周終了時点で結果確定したことから、規定の周回数の75%を満たしていないため、ポイントは半分になって0.5ポイント刻みのポイントとなりますた(当時は1位10ポイントの10-8-6-5-4-3-2-1)。

今のところF1では過去に5度しか適用されたことがありません。

レース周回数の75%以上を消化していた場合

まま、四分の三消化してるんだから良しとしよう!ってことでレースは成立したと見なされて通常通りの満額のポイントがもらえます。