ニュルブルクリンクcreativeCommons nurburgring circuit

ニュルブルクリンク

  • 最終更新:

サーキットデータ

名前
ニュルブルクリンク
所在国
ドイツ
設立年
1927年
デザイン
Gustav Eichler
コース全長
5,148m | 16コーナー
周回数
60周 | 時計回り
収容人数
290,000人
WEBサイト
www.nuerburgring.de

ニュルブルクリンクサーキットとは、ドイツ北西部ラインラント=プファルツ州・ケルンより南に約60km離れたニュルブルクにあるサーキットのこと。1950年代からF1を開催してきた伝統のあるサーキットである。

nurburgring photocreativeCommonsSebastien Cosse

北コースと南コース

ニュルブルクリンクには全長20.832kmの北コースと、同5.1kmの南コースがある。北コースはあまりにも長いためコースを覚えるのも大変。。。ホンダが日本の車として初めてF1に出走したのは、1964年のF1西ドイツGPでのニュルブルクリンク北コースである。

「南コース」は、1976年にF1チャンピオンであるニキ・ラウダがクラッシュし重傷を負ったことで新たに作られた。現在F1を開催しているのはこちらの南コース。

山の中にあるため高低差が大きく、天候が変わりやすい。レース中に急激に天候が変わることもしばしば。なお、ドイツGPはニュルブルクリンクとホッケンハイムリンクでの交互開催になっている。

コースレイアウト

DRS区間計測ポイントはターン9の入口。ターン10出口からのバックストレートで使用可。

サーキットの場所