デルタcopyright formula1-data.com

デルタ

  • 最終更新:

デルタとは、「差」のこと。数学で「Δ(デルタ)」は、ある値とある値の差分を表す。F1などのモータースポーツにおいては主にタップタイム差を示す時に用いられる。

F1ではどんなときに使われるてる?

  • プライムタイヤでの走行とオプションタイヤでの走行とのタイムの差
  • 燃料やラップタイムの目標値と実際値との差。ステアリングに備え付けられた液晶ディスプレイに、燃費マネージメントのための目標値に対して今自分がどれだけズレているか「+/−」で表示されている。
  • 前の週のラップタイムと、現在のラップタイムとのタイム差
  • セーフティーカーや、バーチャル・セーフティーカーが発動した場合、FIAから指定される速度上限値を「デルタタイム」と呼ぶ。

F1業界ではメジャーでじゃない!?

F1フジテレビ中継の解説者である川井一仁氏が放映中に連呼しているため、とてもポピュラーな用語のように錯覚してしまうが、実はこの「デルタ」はパドック内ではあまり一般的な言い回しではない。