• 最終更新:

皮むきとは、新品のタイヤを数週走らせて周りについている膜を剥がし、タイヤ本来のパフォーマンスを引き出すこと。スクラブとも言う。

なぜ皮むきするの?

その答えは、タイヤを製造する過程にポイントある。

タイヤはモールド(金属製の型)と呼ばれる型に入れられ窯の中で焼いて生産される。窯の中に入れるのはゴムを熱硬化させるためである。その型からきれいに剥がれるように、シリコン製の離型剤が使われているのだが、新品タイヤにはそのシリコンが周りについたまま。そのまま使用するとタイヤ本来のグリップがすぐに発揮されないので、それを取るために皮むきする。

いつ皮むきしているの?

予選中に、アタックせずただコース一周走って戻ってきたりすることがある。こんなときは皮むきをしてることが多い。フリー走行中に行うこともある。例えば予選Q2で皮むきだけしておいてQ3でそのタイヤを使ってみたり、もちろん決勝で使うことも。フォース・インディアはわりかしよくやっているそうだ。