ヴィタリー・ペトロフcreativeCommons CaterhamF1

ヴィタリー・ペトロフ

  • 最終更新:

人物データ

名前
ヴィタリー・ペトロフ / Vitaly Petrov
国籍
ロシア
出身地
レニングラード州ヴィボルグ
ニックネーム・愛称
ヴィボルグ ロケット
生年月日
1984年09月08日 / 32歳
身長
185cm
体重
75kg
Twitter
@vitalypetrov10
WEBサイト
www.vitalypetrov.ru

ヴィタリー・ペトロフとはロシア人初のF1ドライバー。(英語:Vitaly Aleksandrovich Petrov)

経歴

2003年にフォーミュラ・ルノーに参加し、その後ユーロ3000選手権、GP2などを経て2010年ルノーのドライバーとしてF1への参戦を果たした。当初2010年ルノードライバーには佐藤琢磨の名前も挙がっており、1500万ユーロの資金持ち込みによってドライバーの座を得たと思われているペトロフに対していい思いを持っていない日本人は多いだろう。

ただこのペトロフ加入によってロシア最大の自動車会社アフトヴァースがチームのスポンサーとなるなど、ペトロフはチームの重要な役割を担うことになった。またデビュー戦オーストラリアGPからチームメイトのクビサには敵わなかったものの、なかなかのレースペースとバトル能力を示した。

写真Creative Commons License credit: p_c_w

実はペトロフは2009年のGP2シリーズで2位につけた実力の持ち主であるが、2011年を以ってルノーから解雇されシートを失った。Vitaly Petrov photocreativeCommons