ニコ・ヒュルケンベルグcopyright forceindiaf1.com

ニコ・ヒュルケンベルグ

  • 最終更新:

人物データ

名前
ニコ・ヒュルケンベルグ / Nicolas Hülkenberg
国籍
ドイツ
出身地
エメリッヒ
生年月日
1987年08月19日 / 30歳
身長
184cm
体重
74kg
@NicoHulkenberg
WEBサイト
www.nicohulkenberg.net

ニコラス・ヒュルケンベルグドイツ出身のレーシングドライバー。シューマッハ兄弟のマネージャーを勤めたウィリー・ウェバーによってF1へとステップアップを果たしたこともあり、母国では第二のシューマッハとしての期待も高い。

2010年にウィリアムズからF1デビューし第18戦ブラジルGPにてポールポジションを獲得、当時は一発の速さはありながらもやや安定感に欠ける印象があったが、日を追う毎に実力をつけ今では各方面より高い評価を受けている。フェラーリとの関係が深いと言われており、度々スクーデリア・フェラーリへの移籍話が持ち上がる。

アメリカのTVアニメ「ジョニー・ブラボー」の大ファンであり、マシンの操縦席の内側にそのイラストを貼り付けている。

主なキャリア

1997年
10歳の時にカートからレースキャリアをはじめる
2005年
独フォーミュラBMWに参戦しシリーズチャンピオン
2008年
ユーロF3に参戦しシリーズチャンピオン
ウィリアムズのテストドライバーに就任
2009年
ARTグランプリからGP2に参戦しシリーズチャンピオン。母国のニュルブルクリンクで、ネルソン・ピケJr.以来GP2史上2人目となるフルポイントレース(ポールポジション、ファステストラップ、優勝の三冠)を達成
2010年
ウィリアムズからF1デビュー。第18戦ブラジルGPでポールを獲得、ルーキードライバーとしては2007年のルイス・ハミルトン以来3年振りの快挙を達成するも、チームの財政問題のため、多額の資金を持つパストール・マルドナドにシートを奪われ、ウィリアムズを離脱
2011年
フォース・インディアのリザーブドライバーに就任
2012年
エイドリアン・スーティルのチーム離脱により、フォース・インディアのレギュラードライバーに昇格
2013年
ザウバーF1チームに移籍(フェラーリの意向か?)
2014年
古巣フォース・インディアに戻る
2017年
ルノー・スポールに移籍