ニコ・ヒュルケンベルグcopyright forceindiaf1.com

ニコ・ヒュルケンベルグ

  • 最終更新:

人物データ

名前
ニコ・ヒュルケンベルグ / Nicolas Hülkenberg
国籍
ドイツ
出身地
エメリッヒ
生年月日
1987年08月19日 / 29歳
身長
184cm
体重
74kg
Twitter
@NicoHulkenberg
WEBサイト
www.nicohulkenberg.net

ニコラス・ヒュルケンベルグとは、ドイツ出身のF1ドライバー。F1デビューの2010年、第18戦ブラジルGPにてポールポジションを獲得しながらも2011年シーズンではレギュラードライバーの座を失う。シューマッハ兄弟のマネージャーを勤めたウィリー・ウェバーによってF1へとステップアップを果たしたこともあり、母国では第二のシューマッハとしての期待も高い。

2013年、フォース・インディアからフェラーリエンジンを使用するザウバーへと移籍。ヒュルケンベルグはフェラーリとの関係が深いと言われており、今回のザウバーへの移籍はフェラーリの後押しという見方もある。2014年のザウバーは過去にもフェラーリの意を受けペレスやマッサを起用したと言われている。

主なキャリア

1997年
10歳の時にカートからレースキャリアをはじめる。
2005年
独フォーミュラBMWに参戦しシリーズチャンピオンを獲得。
2008年
ユーロF3に参戦しシリーズチャンピオンを獲得。ウィリアムズのテストドライバーに就任。
2009年
ARTグランプリからGP2に参戦し、シリーズチャンピオンを獲得。母国レースのニュルブルクリンクで、ネルソン・ピケJr.以来GP2史上2人目となるフルポイントレース(ポールポジション、ファステストラップ、優勝の三冠)を達成。
2010年
ウィリアムズのレギュラードライバーの座を獲得しF1デビュー。第18戦ブラジルGPではポールポジションを獲得し、ルーキードライバーとしては2007年のルイス・ハミルトン以来3年振りの快挙を達成するも、チームの財政問題のため、多額の資金を持つパストール・マルドナドにシートを奪われ、ウィリアムズを離脱。
2011年
フォース・インディアのリザーブドライバーを勤める。
2012年
エイドリアン・スーティルのチーム離脱により、フォース・インディアのレギュラードライバーに昇格。
2013年
ザウバーF1チームに移籍。
2014年
古巣フォース・インディアに戻る。
2017年
ルノーに移籍