• 最終更新:

ブリスターとは、タイヤの温度が上昇しすぎて内部が沸騰、タイヤ表面が膨れ上がったり気泡ができたりすること。オーバーヒート状態。これができるとタイヤの性能が極端に悪くなり、グリップが落ちる。もちろんタイムも落ちる。ブリスターは大きなもので5cm位になるという(浜島さん談)。

夏の高温でのレース、タイヤがソフトのときやブレーキがきついときにブリスターが発生しやすい。類義語としてグレイニングがある。