2017年F1バーレーンGP《FP2》結果とダイジェスト – ベッテル再びトップ!大接戦の3強、ハミルトンは5番手copyright ScuderiaFerrari

2017年F1バーレーンGP《FP2》結果とダイジェスト – ベッテル再びトップ!大接戦の3強、ハミルトンは5番手

  • 最終更新:

午前に引き続き、フェラーリのセバスチャン・ベッテルがバーレンGP金曜2回目のフリー走行を制した。

2017年F1バーレーンGP2回目のフリー走行順位表
©F1

気温33℃・路面温度34℃と、午前のフリー走行よりも涼しいコンディションで行われたFP2。各車スーパーソフトでの予選シミュレーションと、決勝を見据えたロングランプログラムを実施。ベッテルに遅れること0.041秒差でボッタスが2番手、3番手にはレッドブルのダニエル・リカルドが続く結果となった。

大接戦を演じる3強

トップから5番手までが0.3秒以内という大接戦。セッティングの決まらないハミルトンは、クリーンなラップを得られなかったこともあり5番手に沈んだ。第1戦・第2戦はフェラーリとメルセデスが2強争いを繰り広げていたが、ここにレッドブルのリカルドが乱入。6番手に食い込んだルノーのニコ・ヒュルケンベルグにも注目が集まる。

ベッテルvsボッタスまたも1000分の1差

セッション開始13分、ソフトタイヤでアタックに出たメルセデスのバルテリ・ボッタスが、トップタイムを記録していたベッテルを1000分の1秒上回る1分32秒614を記録。前戦中国GP予選の再現。その後両者ともにタイムを更新したものの、その差は100分の4秒。

メルセデスとフェラーリはロングランペースもほぼ互角。長かったメルセデス1強時代はついに終わりを迎えるのだろうか?

FP1に引き続きトラブルが多発

マシンを停めたセバスチャン・ベッテル
©F1

砂と暑さの魔の手忍び寄るバーレン・インターナショナル・サーキット。FP1より下がったとは言え、セッション終盤でも気温30℃以上。1回目のフリー走行に引き続きマシントラブルが多発した。

ERSトラブルのベッテル

セッション残り40分、走行中のベッテルのマシン電源が突然落ちるアクシデントが発生。完全に電源が落ちてしまったため、ベッテルはマシンから身を乗り出しコックピットの外側に設置されたニュートラルボタンをプッシュ。惰走を利用してピットに戻ろうと試みるも途中で断念。マーシャルの手を借りてガレージに戻った。

PU交換を余儀なくされたバンドーン

FP1でMGU-Hのトラブルが発生したマクラーレン・ホンダのストフェル・バンドーンは、詳細な原因調査のためPUを全交換。何とかセッション時間内に交換作業を終え残り90分のところでコースイン。セッティング出来ないことに加えて焦りもあったか、最下位となる20番手でセッションを終えた。

煙に巻かれたカルロス・サインツ

マシントラブルで車を降りたカルロス・サインツ
©F1

セッション開始18分目、トロ・ロッソのカルロス・サインツがコースオフし、その直後マシンから煙が。そのままコース脇に車を停めてマシンを降りた。これによりVSCが出動。チームメイトのダニール・クビアトもロングラン中に「何かがおかしい」と無線で叫ぶ。

またもTウイング脱落のボッタス

中国GPのフリー走行のデジャブここに。ボッタスのTウイングがバーレーンでも落下。CS放送の解説を務めた松田次生選手は「これはわざとTウイングを落下させることで、Tウイングが禁止されることを狙っているのでは?(笑」と推測。


予選までに残されたセッションは残す所あとひとつ。とは言え明日のフリー走行は予選や決勝とは異なる時間帯に行われるため、セットアップを突き詰められるのは今日のFP2が実質的に最後となる。混戦間違いなしの今後の展開から目が離せない。

フリー走行2順位とタイム

各ドライバー毎の順位とラップタイムは以下の通り。

Pos No Driver Team Time Gap Laps
1 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:31.310 29
2 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:31.351 +0.041 35
3 3 ダニエル・リカルド レッドブル・タグホイヤー 1:31.376 +0.066 28
4 7 キミ・ライコネン フェラーリ 1:31.478 +0.168 34
5 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:31.594 +0.284 35
6 27 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1:31.883 +0.573 37
7 19 フェリペ・マッサ ウィリアムズ・メルセデス 1:32.079 +0.769 37
8 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル・タグホイヤー 1:32.245 +0.935 18
9 8 ロマン・グロージャン ハース・フェラーリ 1:32.505 +1.195 34
10 26 ダニール・クビアト トロロッソ 1:32.707 +1.397 35
11 20 ケビン・マグヌッセン ハース・フェラーリ 1:32.854 +1.544 33
12 31 エステバン・オコン フォースインディア・メルセデス 1:32.875 +1.565 38
13 30 ジョリオン・パーマー ルノー 1:32.876 +1.566 38
14 14 フェルナンド・アロンソ マクラーレン・ホンダ 1:32.897 +1.587 31
15 11 セルジオ・ペレス フォースインディア・メルセデス 1:33.319 +2.009 34
16 18 ランス・ストロール ウィリアムズ・メルセデス 1:33.361 +2.051 36
17 9 マーカス・エリクソン ザウバー・フェラーリ 1:33.944 +2.634 34
18 55 カルロス・サインツ トロロッソ 1:34.072 +2.762 5
19 94 パスカル・ウェーレイン ザウバー・フェラーリ 1:34.117 +2.807 29
20 2 ストフェル・バンドーン マクラーレン・ホンダ 1:34.230 +2.920 8

F1バーレーンGP最新ニュース一覧