ジュール・ビアンキcopyright jules-bianchi.com

ジュール・ビアンキ

  • 最終更新:

人物データ

名前
ジュール・ビアンキ / Jules Bianchi
国籍
フランス
出身地
ニース
生年月日
1989年08月03日
没年月日
2015年07月17日 / 享年25歳
身長
174cm
体重
65kg
@Jules_Bianchi
WEBサイト
www.jules-bianchi.com

ジュール・ビアンキとは、フランス・ニース出身のレーシングドライバー。2009年フェラーリ・ドライバー・アカデミー初のドライバーとなる。2007年に初めてカートに乗り始めたキャリアの短いめずらしいドライバーで、佐藤琢磨とダブって見えてしまう。2015年7月17日、2014年10月のF1日本GPの事故が原因でこの世を去った。享年25歳。

フォーミュラ・ルノー時代-2007年

2007年よりカートを始めたビアンキは、同年にフランス・フォーミュラ・ルノー2.0とユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0に参戦。

フォーミュラ3時代-2007-2009年

2007年の終盤フォーミュラ3・ユーロシリーズに参戦。このころ就いたマネージャーはARTグランプリのボスであるニコラス・トッドだった。2008年フォーミュラ3・ユーロシリーズを3位で終える。2009年フォーミュラ3・ユーロシリーズでチャンピオンに輝く。

GP2時代-2010年~

写真
creativeCommonsFabioCasadei

2010年からフォーミュラ3時のチームARTグランプリでGP2に参戦。2012年フォース・インディアがリザーブドライバーであったニコ・ヒュルケンベルグをレギュラードライバーに昇格させたのに伴って、その後任としてビアンキがリザーブドライバーに就任。同年それと平行してフォーミュラ・ルノー3.5シリーズにも参戦する。

マルシャF1-2013年~

マルシャF1チームと契約していたルイス・ラジアに代わりマルシャと契約。ラジアの契約破棄は、ラジアのスポンサーが期限内に資金の支払いを行わなかったためだと言われている。

2014年F1日本GPの大事故

2014年10月5日台風に伴った大雨のレース終盤の43周目、日没も近くなり暗くなってきたところにザウバーのエイドリアン・スーティルがコースアウト。マシン撤去のためにその区間には2本のイエローフラッグが振られていた。※これは「停止できるほどの速度まで減速」を意味。44週目マシンを撤去中のクレーン車に、コントロールを失ったビアンキのマシンが衝突。

すぐにヘリコプターで三重県の病院に搬送され一命を取りとめたが、翌年2015年7月17日地元フランスのニースの病院で息を引き取った。F1でのドライバー死亡事故は1994年サンマリノグランプリのアイルトン・セナとローランド・ラッツェンバーガー以来21年ぶりのこと。

ビアンキのカーナンバーだった『17』を永久欠番となり、追悼を意味する”#JB17“は今もなおドライバーのヘルメットやマシンに記されている。