F1アブダビGP2016《Preview》全ドライバーコメントcopyright formula1-data.com

F1アブダビGP2016《Preview》全ドライバーコメント

  • 最終更新:

ヤス・マリーナ・サーキットで開催される2016年F1アブダビグランプリ。各チームのドライバー、チーム代表のコメントを以下にまとめた。サーキットの特徴などついては、ヤス・マリーナ・サーキットをご参照あれ。

メルセデス

ニコ・ロズベルグ
いつもと同じように良い結果を目指すだけ

「ブラジルはいうまでもなく望んでいた結果ではなかったよ。ルイスはいい仕事をしたし2位は最悪な結果ではないでしょ。今はアブダビを楽しみにしている。3年連続ルイスとのワールドチャンピオンシップをかけた争いはすごいよね。最終戦で優勝できるように全力を尽くすよ。」

「この一週間家族や友人たちとリラックスした時間を過ごしたんだ。だから今はとてもいい状態だよ。ブラジルの後一戦一戦同じように戦うつもり、なんて言っては見たんだけど、考えれば考えるほどそれって突拍子もないことじゃないんだよね。グランプリの週末にいい仕事をすることはいつもチャレンジなんだ。このスポーツは簡単ではないよ。今回のレースも他のレースと違いはなく良い結果を目指すだけだ。昨年はここアブダビで優勝したし得意なサーキットなんだ。だから自信あるよ。接戦(ワールドチャンピオンシップのポイント争い)になるにつれてワクワクしているんだ。きっとすごいレースになるし、ファンの皆にも今シーズン最後のレースを楽しんでもらえたらいいね。」

ルイス・ハミルトン
諦めることなんてできない

「ブラジルでの優勝は決して忘れないよ。優勝まで長い道のりだったからね。僕は今とてもいい状態なんだ。ファクトリーの皆が必死に作ってくれた素晴らしい車があるからものすごく力強いよ。メルセデスにきて4年このチームでこれまで31勝したんだ。すごすぎでしょ。この素晴らしい機会を与えてくれたチームの皆に感謝しているよ。僕らは共に歴史を築いているんだ。」

「パーフェクトなシーズンではないし今週末どんなに頑張っても(ワールドチャンピオンになるのが)難しい状況ではあるね。でも諦めることなんてできないよ。一見難しそうだけど何が起こるかなんてわからないんだから。自分のできることを出し尽くしてベストが尽くせれば自分の成し遂げたことを誇りに思えるはずだから。共に過ごしてきたこの数年間、成功を担ってくれた全ての方々を誇りに思っているよ。今週末もいつもと同じように戦う。優勝して一番高い位置でシーズンを終えたいね。」

マクラーレン・ホンダ

フェルナンド・アロンソ
トワイライト、運転席からの景色は素晴らしい

「シーズン最後のレースだからというわけではないけど、アブダビは毎年レースするのが楽しいよ。シーズンの最後という感覚と冬のマシン開発への期待が合わさって独特な雰囲気になるんだ。2016年ファンに話題を提供できる最後のレースだからね。」

「夕暮れから日が完全に沈むまでラップを重ねながら見る運転席からの景色は素晴らしいよ。この光景はF1に新しさと週末を通しての面白さをもたらしたよね。」

「最も速い第1セクターと2本の長いストレートから成る第2セクター。ヤス・マリーナ・サーキットは僕らのマシンに適したサーキットじゃないけど、金曜日を通して調整してできるだけマシンの性能を最大限引き出せるように頑張らないと。マシンのセットアップには面白い場所なんだ。砂漠なのにトワイライトの時間だからレースの間サーキットの路面温度は低くて、タイヤのコンディションとグリップはチェッカーフラッグを受けるまでどんどん良くなっていくんだ。ほんと面白いサーキットだよ。シーズン最後のレースとしてもね。今年最後のレースをポジティブな形で終えたいね。」

「マクラーレン・ホンダとして今年を締めくくる重要なレースだね。チームメイトであるジェンソンとの最後のレースになる。彼との仕事はとても楽しかったしガレージの隣に彼がいなくなると思うと寂しくなるよ。でも彼はまだマクラーレン・ホンダの一員であるし、彼の新しいキャリアが素晴らしいものになるよう祈っているよ。」

ジェンソン・バトン
新たなステージへの区切り

「この週末を本当に楽しみにしていたんだ。僕の人生においてすごく特別な区切りになるだろうね。友人や家族がアブダビまで来てくれるのとても嬉しいことだね。とても感情的な週末になるはずだよ。ファンとチーム、僕に親しい人々のサポートを願っているよ。出来る限り努力して最大限を尽くし週末を楽しむよ!マクラーレン・ホンダとの仕事が終わるわけではないけど、新しい区切りのスタートとしてすごくポジティブなんだ。このレースは膨大な量のこれまでの仕事の頂点に位置する。愛するスポーツへの献身と情熱、僕が成し遂げた17年間とマクラーレン・ホンダと過ごしたこの何年かの素晴らしい進化、その全てをものすごく誇りに思っているよ。素晴らしいプロジェクトと僕の繋がりはまだ終わりではない。このチャプターを立派に結べるのを楽しみにしているし新しい関わりにはものすごく熱意を持っているんだ。これからどうなっていくのかすごく楽しみだよ!」

「ヤス・マリーナ・サーキットは割りとテクニカルなサーキットだよね。相対的に見ると最終セクターの狭いコーナーのせいで平均スピードは低くなるんだ。ストリートサーキットの特徴的な部分だよね。通常オーバーテイクはかなりトリッキーになるから予選で出来る限り前に行くことが重要なんだよ。これまでのところ今年はクリーンなスタートができているので同じように、そして戦略も大切だ。金曜日をうまく過ごせれば良いセットアップができるだろう。願わくばペースに苦労したブラジルの二の舞いは避けたいところだね。僕らのパッケージはブラジルより力を出せるはずなので、限界までプッシュしてチームとファンに良い今年の締めくくりを見せたいよ。」

長谷川祐介
ホンダF1プロジェクトリーダー

「アブダビGPで2016年のF1シーズンが終りとなります。毎日切磋琢磨し共に強くなっている我々のような発展中のチームを別にすれば他のチームにとっては長いシーズンとなったと思います。そしてマクラーレン・ホンダの始まり以来フェルナンドと並んで共に戦ってきたジェンソンに別れを告げるときがやってきました。トラックで彼の笑顔を見ることができないのは寂しいですが、来年もチームの発展のサポートをしてくれることは本当に嬉しいです。」

「ヤス・マリーナは伝統的な部分とストリートサーキットを合わせたここ数戦とは違うユニークなレイアウトのサーキットです。それぞれのセクターは非常に異なっています。90°のスローコーナーから全開のストレートに入ります。パワーユニットにもシャーシにも最大限が要求され、間違いなくとても忙しい週末になるでしょう。」

「日曜日の夜にチェッカーフラッグを見てそれから2017年に完全に集中できるようになるります。来シーズンが始まるまで3ヶ月ほどではありますが、ワクワクしています。私達の今年最後のレースがポジティブなものになるように願い、トワイライトのアブダビを楽しみたいと思います。」

レッドブル

マックス・フェルスタッペン
来年が待ちきれない

「アブダビのサーキットデザインは他と違ってスピードの遅いコーナーとコンビネーションがたくさんあるんだ。ユニークなレイアウトはチャレンジングだし、多くのコーナーの中の一つでも小さなミスがあるとその1周を台無しにしてしまうという意味でもあるよ。最後のセクターまでタイヤを使える状態にキープするのも重要なことだね。」

「車から離れると、アブダビは他のレースとはひと味違う面白い特徴がいくつかあるんだ。サーキットの上にあるホテルはかなりスペシャルで、素晴らしいサーキットの景色が見られるんだ。短時間しかいたことないけどドバイで過ごす時間はいつもすごく楽しいんだ。今年はまだ食べたことのないアラビア料理を試してみたいな。」

「今シーズン最後のレースだね。2016年を振り返るととても楽しかったよ。来年はレギュレーションが大幅に変わるからたくさんやることがあるけど皆新しい車を楽しみにしていると思うんだ。僕も待ち切れないよ!」

ダニエル・リカルド
暑いの大好き!

「アブダビではいつも上手くいっていて過去のレースでも本当に楽しんでいたんだ。特にホテルの下の最終セクター、ここはすっごく楽しいんだ!ストリートサーキット風のレイアウトもいいよね。初めてF1の車でテストしたのもここで良い思い出もあるし僕に向いてるみたいだ。」

「僕は暑い気候が大好きなんだ。暑くなると外に出たくてたまらなくなるよ。いつもよりも少し早くアブダビに行ってその後砂漠に行ったりバイクに乗ったりして楽しもうと思っているんだ。」

「シーズン最後のレースではいつも友達を呼んで楽しむんだ。いつもいい雰囲気だよ。中東のモナコって感じだね。いつもセレブの人たちが色んな所でパーティーをしているから話題にも事欠かないしね。」

ウィリアムズ

バルテリ・ボッタス
アブダビの設備はすごい

「アブダビはF1の最終戦に適した場所だよね。設備もすごいし毎年レースに訪れる人々も増えているようだから。ここは2011年に初めてF1の車をテストした場所なんだ。レースするにはいいサーキットだし、日没を見ながらっていうのもいいよね。2014年は2台ともに表彰台に上がったから今年も新たな良い結果を残してシーズンを終えられるんじゃないかな。長いストレートと短いコーナーは僕達に向いているから楽しみだね。」

フェリペ・マッサ
ついに最後のレース

(ブラジルとは)また別の感動的なレースになるね!車に乗ったら出来る限り良い仕事ができるように集中してあまり色々考えないようにするよ。ここは本当にドライブするのにはいいサーキットだね。サーキットの中にも外にもたくさんファンがいるし、トワイライトレースは僕らにとっても観客にとっても面白いよね。」

「最後の、250戦目のF1でのレース素晴らしいものにしたいと心から願っているよ。盛大なパーティーもするしね!願わくば素晴らしい結果も一緒にお祝いしたいね。」

フォース・インディア

セルジオ・ペレス
最終戦はいつもノスタルジック

「今年最後のレースはいい結果で締めくくりたいよ。たとえ皆が次のシーズンについて話していたとしても今はこの仕事に集中したい。良い結果で終えて休暇を満喫したいからね。特に今年はたくさんの問題があったよね。誰も悪い結果で終わりたいなんて思ってないんだからさ。そんなのいい気分じゃないからね!」

「アブダビはクールなところだよ。世界中からファンが集まるんだ。サーキットの設備は見事だし、ここでのレースはいつも楽しいよ。とても速くてビックブレーキングする場所と素早く方向を変えるところがあるんだ。ブレーキングの際にでリアが安定する車が必要だね。コーナー立ち上がりでのトラクションはタイムを上げるのに大きく影響するんだ。オーバーテイクの機会が何度かあるし、いつもと違う戦略はレースの面白い見どころになると思うよ。」

「昨年はかなり面白かったね。表彰台を争ってフェラーリと戦ったんだ。残念ながら及ばなかったけど良いレースだったね。願わくばブラジルのような力強い週末にしたいところだね。」

「シーズンの最後はいつも少しノスタルジックな気分になるんだ。” VJM09 “(今年のフォース・インディアの車名)を運転する最後のレースだしね。来年はどうなるかわからない。最終戦でのいい思い出を胸に冬休みに入りたいんだ。」

ニコ・ヒュルケンベルグ
お別れではなく”グッバイ”

「シーズン最後のレースはいつも特別だよ。今年は特にだ。このチームとの最後のレースになるからクルーとの仕事は感動的になるだろう。F1では人の移動がたくさんあるからこれは別れではなく”グッバイ”なんだよね。最後のレース一緒に楽しむよ。チャンピオンシップ4番手を手に入れてお祝いするつもりだしね。そして皆の笑顔を見て僕らが成し遂げたことを誇りに思うんだ。」

「アブダビはすごくクールな場所だよ。ヤス・マリーナ・サーキットはとてもモダンだし、サーキットの設備はおそらくカレンダーの中でも一番だと思うよ。サーキットも悪くないし走ってて楽しいよ。日が落ちてライトが灯ったときは本当に素晴らしいんだ。ユニークな経験だよね。」

「ピットレーン出口はすごくトリッキーで、サーキットの中でも印象的な部分なんだ。ピットリミッターを解除してアクセルを踏み、すぐにすごく鋭くブレーキを踏んで左にハンドルをきりサーキットの下を通るんだ。壁はとても近く感じるし、狭い出口を出るときはいつも息を止めてるんだ!ちょっと心地良くはないよね。その後すぐにすごく攻めなきゃならないし、そこで滑ったら簡単にタイムを失ってしまうからね。」

「アブダビのサーキットは僕らの車にすごく適しているからここ何年かは良い結果を残しているんだ。今年も自信あるよ。ぜひとも立派な締めくくりにしたいね。」

トロ・ロッソ

カルロス・サインツ
冬なのに暑くて楽しい!

「ワオ!もうシーズン最後のレースなの!?1年経つのが早すぎて信じられないよ。休暇は待ち遠しいけど2,3週間したらサーキットに戻りたくなってしまうんだろうな!」

「充実した最終戦にしたいよ、まだ終わってないんだからね!11月のアブダビでのレースはいいよね。夏に戻ったみたいでさ。スペインに戻ったら寒いしクリスマスも近い。だから冬の真ん中の太陽と暑さを楽しむよ!」

「トワイライトのレースもいいよね。陽があるときにスタートしてレース中にだんだん暗くなってくるなんてクールだよね!オーバーテイクも楽しい、イエス!!楽しむよ!」

ダニール・クビアト
中東の太陽の色は美しい

「ワクワクするようなサーキットじゃないよね。どのコーナーもよく似てるんだ。でも素晴らしい景色を背に運転するのは楽しいよ。レースするのにも2箇所DRSゾーンがあることだしね。」

「覚えてるよ!ここ!(17コーナーから20コーナーを指差して)すごく良いレストランがあるんだ。食事しながら手を振る人たちが見えるんだよ。中東の太陽の色はすごく美しいね。昼間はオレンジ色って感じかな。写真家の友人達はすごく素敵な写真を撮るよ。」

ハース

ロマン・グロージャン
僕らには過去のデータがない

「素晴らしい開催地だね。日中にスタートして夜に終わる。レース中に日が沈むなんて面白いよね。パドックは素晴らしいんだ。雰囲気はいつも良いし、このレースの後は休暇が待っているからね。前回のレースはあんなだったけど、まだ頑張るよ。」

「全体的に低速サーキットだね。速いスピードで走るコーナーは2コーナーと2コーナーくらいかな。何本か長いストレートがあるよ。最終セクターでは低速コーナーを正しく抜けることに集中するんだ。アブダビで一番集中するところだね。」

「レース中涼しいのは悪くないよね。FP1とFP2、そしてFP3から予選、時間によって路面温度は大きく変わり車の挙動も変わるんだ。僕らには過去のデータがないからFP3から予選にかけてエアロのバランスや車のセッティングをどうすればいいのか知る由もない。僕ら自身で見つけ出さなければならないね。」

「2010年にGT1(GTカーのレース。2012年に消滅)で優勝したんだ。ここアブダビでね。チームと初めてのレースでしかも優勝したからすごくいい思い出だよ。」

エステバン・グティエレス
ディズニーランドみたいだよね

「豪華で近代的な素晴らしいサーキットだよね。随分お金かかってるよね。毎回来る度に全く別の世界にやってきた感じがするんだ。ディズニーランドみたいな。シーズン最後のレースをアブダビで行うのは素敵だよね。」

「サーキットに入って最初はそうでもないんだけど、3,4時位になり陽が傾き始めると大きく変わり、レースがスタートする頃にはすごくいい状態になるんだ。気温も安定するしタイヤもうまく使えるようになるんだ。オーバーヒートしないから扱いやすいんだよ。」

「車のバランスをレース中にどう改善させるか考えなければいけないんだ。基本的にはフロントウイングの調整と、コックピット内からできる操作によってほんの少しばかりバランスを変化させるんだ。」

ルノー

ケビン・マグヌッセン


コメントが発表されていません

ジョリオン・パーマー
F1カーで走ったのはほんの数周

「ここはGP2でたくさん走ったことがあるんだ。フォース・インディアのテストで初めてF1の車に乗ったのもこの場所なんだ。悲しいことに昨シーズンはFP1をロータスで走ったんだけどほんの数周しかできなかったよ。」

「良いサーキットだし、最終戦にピッタリの場所だよね。魅力的なイベントがレースとはまた違った独特な雰囲気を加えているよね。」

ザウバー

マーカス・エリクソン
コンストラクターズタイトルで10位になる!

「アブダビGPはシーズンの終わりを意味するんだ。21戦を終えたなんて信じられないよ。時間が過ぎるのは本当に早い。アブダビはいつも良いレースになるね。それにこのサーキットは運転していて楽しいところがたくさんあるんだ。ファンの雰囲気やトラックで行われるイベントはすごいよ。エキサイティングな週末になるだろうね。ワールドチャンピオンシップだけではなくコンストラクターズタイトルで10位になる為にも戦うよ。」

フェリペ・ナスル
ルーツはレバノン

「すばらしい結果の母国ブラジルGPの後、前向きな気持でアブダビにやってきたんだ。暖かい歓迎と多くのサポートを受けているよ。UAEでも中東全体でもね。僕の家族のルーツはレバノン人なんだ。食べ物だけではなく人々も、伝統も文化も素晴らしいんだ。」

「シーズンはまだ終わっていない。僕らの目的は明らかだよね。このポジションをキープするんだ!」

マノー

パスカル・ウェーレイン
今年の総括

「僕たちは出来得る限りのベストを尽さなければならないね。アブダビで何ができるのか現実的にならなければいけないと思うんだ。でも最後まで戦うことを辞めるべきではないよね。」

「ここ最近の数レースを通して予選と決勝の準備にはどんな3回の異なるプラクティスを行えばいいのか見えてきたんだよ。全てを正しく行わなければならないのと同時に利点と機会を識別するんだ。僕らは今年4回Q2に進出したよ。いい位置でのスタートはレースに大きな違いをもたらすんだ。ブラジルもそうだったよね。だから僕らが今年一緒に何を成し遂げたか証明するのが目標だよ。」

エステバン・オコン
マノーに感謝でいっぱい

「僕のF1キャリアをはじめる機会を与えてくれたマノー・レーシングにこれからも感謝し続けるだろうね。僕の目標は日曜日の夜に皆を笑顔にすることなんだ。2台ともにチェッカーフラッグを受けて強いパフォーマンスを出し続けることを身につけるのが僕の目標だよ。」

「コンストラクターズタイトルの順位を変えるのは難しいけど、チームが今シーズンどれだけよくやったかを測ることはできると思うよ。」

ピレリ

ポール・ヘンベリー
モータースポーツ・ディレクター

「アブダビは私達の知る中でもベストなサーキットの一つです。これまで何度もテストが行われています。2017年の今よりも幅の広いタイヤでのテストも8月から行っています。」

「今年新たに導入されたのはウルトラソフトタイヤです。このタイヤはスピードを与えどのサーキットでも万能です。実際のところ、今年使用しているどのタイヤもアブダビには適しています。戦略は何十通りとあるでしょう。」

「2016年の最終戦ではありますが、私たちはすでに2017年を待ちわびています。グランプリが始まる前に新しいタイヤをメディアに発表し、レース後の火曜日(29日)に3台のプロトタイプカーでテストすることになります。」

F1アブダビGP最新ニュース一覧