ヤス・マリーナ・サーキットcreativeCommons SofiaK.

ヤス・マリーナ・サーキット

  • 最終更新:

サーキットデータ

名前
ヤス・マリーナ・サーキット
所在国
アラブ首長国連邦
設立年
2009年
デザイン
ヘルマン・ティルケ
コース全長
5,554m | 21コーナー
周回数
55周 | 反時計回り
エンジン負荷レベル
ブレーキ負荷レベル
タイヤ負荷レベル
エアロ重要度
収容人数
50,000人
レコード
1分40秒279 S.ベッテル / レッドブル・ルノー / 2009年
WEBサイト
www.yasmarinacircuit.ae

ヤス・マリーナ・サーキットとは、アラブ首長国連邦のアブダビ、ヤス島にあるアブダビGPが開催されるサーキットのこと。サーキットがあるYas Island(ヤス島)は自然島で、総工費3兆円という超大規模な開発計画の一環として建設された。この計画には、世界初のフェラーリテーマパークや、ゴルフコース、メガヨットに対応したマリーナなどの整備が含まれている。また5星ホテルがコース脇に併設、いやホテル内にコースがあるというべきだろうか、そんなサーキットである。

yas marina circuit photocreativeCommonshg10163

コースレイアウト

ピットレーンは、入口では右へ分流し、ストレート右側にピットが配置されているが、その後サーキット本線を地下し、合流は左からという特異な構造になっている。F1カレンダーの中でもまれな反時計回りのコースであるヤス・マリーナのピットレーン出口はトンネルを通過して本コース向かって左側から合流するという特殊なレイアウト。暗く狭いそのトンネルは、タイヤ交換直後でグリップのないマシンの足元を危うくすくう。

ヤス・マリーナ・サーキットのコースレイアウト
creativeCommonsArz

F1初のトワイライトレース

アブダビGPの決勝は日没前にスタートし、その後ナイトレースへ突入。チェッカーフラッグがはためくのは夜という、トワイライトグランプリ。ヤス・マリーナ・サーキットは、F1の歴史上初めてトワイライトレースが開催されたグランプリである。

yas marina circuit photocreativeCommonsNick J Webb

サーキットの場所