プライベーターcreativeCommons machu.

プライベーター

  • 最終更新:

プライベーターとは、自動車メーカーではないレース活動を行う独立系チームのこと。プライベート・チーム。対義語はワークスチーム。

今までの主なF1プライベーター

  • ウィリアムズF1
  • レッドブル・レーシング
  • スクーデリア・トロ・ロッソ
  • スーパーアグリF1チーム
  • フォース・インディア
  • スパイカーF1
  • ザウバF1チーム

プライベーターのマシン

  • メーカーが製造したマシンを購入
  • 車体(シャシー)を自作しエンジンを購入

ワークスはシャーシ(車体)からエンジンまですべて自社で製造できるが、プライベーターはエンジン製造までは厳しい。そのため多くのプライベーターはワークスからエンジン供給を受けている。

プライベーターの資金源

ワークスチームは自社製品のプロモーション活動、すなわち広告としてレース参戦しているので、レース活動資金は広告費として見なしている。

しかし、プライベートチームはそもそも自社製品などない場合も多いわけで、レース参戦自体で利益を出さなければ活動が存続できない。

スーパーアグリの撤退を紐解くまでもなくプライベーターはいつでも資金難に直面している。でなければウィリアムズはニコ・ヒュルケンベルグを放出してパストール・マルドナドをドライバーラインナップに加えたりはしないだろう。

一体プライベートチームはどのようにして資金を稼いでいるのか?まぁ方法は色々あろうが、主な収益源としては以下のようなものがある。

  • スポンサー料
  • FOMからのTV放映料の分配金
  • ドライバーの持ち込み(ペイドライバー)
  • 関連グッズの販売

ちなみにミハエル・シューマッハはジョーダン、フェルナンド・アロンソはミナルディ、キミ・ライコネンはザウバーというプライベーターからF1に参戦したことを最後に注記しておこう。

ここでは僕らはBMWに素晴らしいもてなしを受けている。BMWプログラムにどのくらいの資金を使っているか尋ねてみるといい。それに引き換えプライベーターができることは限られている。格が違うんだよ。via : エディ・ジョーダン「プライベーターチームオーナーの時代は終わった」